私の株研究
スクロールして、ご利用ください

私の株研究

ホーム
 「私の株研究」と言うサイトです。私個人が株式投資をするために、使っているツールの紹介をしています。このツールは、VB.netを使って書きました。私の株式投資への考え方は、安く買って、高い時に売る。それまでは、配当を享受する。そんな考えを基に、ツールを作りました。

 株は、外的要因と内的要因で株価が変動すると考えています。内的要因は、個々の会社の業績とか、将来性とか、そう言った物です。株の解説本の多くは、そうした事が強調され過ぎている気がします。ですが、実際は、株価を左右するような会社の情報は入手しずらく、個人では難しいと考えます。そう考えると、外的要因、すなわち、為替とか、経済状況とか、政治とかで変動する方が大きいと考えています。

 変動するグラフを見つめても、上がるかも知れない、下がるかも知れない、そんな予測は出来るはずもない。当たるかも知れないが、外れるかも知れない。そこで、買った株が上がれば、目標の株価で売る。買った株が下がれば、買い増す。さらに下がれば、さらに買い増す。売る時期が到来するまでは、配当を享受する。そんな考えの投資です。その為のツールです。

 ツールは、下記の場所からダウンロードします。拡張子が .mp4 となっているのが、ビデオファイルで、映像で見るマニュアルになっています。プログラム本体とデータは、.zip ファイルとして圧縮されています。解凍をしますと、Stock1.exe と言うのがプログラム本体です。起動するときに、「WindowsによってPCが保護されました」などのメッセージがポップアップする事が有ります。小さな字の「詳細情報」をクリックして実行を選択すれば、プログラムを起動できます。これに関しては、ネットで検索して調べるか、或いは、下記リンクが参考になるでしょう。https://xinroom.net/pc/win10-smartscreen/


 プログラムに対しての質問は、e-mail にてお願いいたします。できるだけ返答するように努力しますが、出来ない場合もありますので、その節は、ご容赦ください。また、同じような質問がある場合は、ブログにて返答に代えさせて頂きます。

 例によって、ソフトウエアライセンス提供者の免責事項として、このソフトウエアによって、ユーザーのコンピュータやデータ、或いは、運用の結果によって、どの様な損害が生じても補償は致しません。




私の株研究(ブログ)


<2019年12月>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234



Windows10 のCreators Update

2017/06/08  
Windows10 のCreators Updateが実行された。大きな変更と見えて、Updateには、何時ものとは違う時間が掛かった。その一つが、圧縮ファイルをダブルクリックだけでは、解凍してくれない変更だ。簡単に解凍できなければ、このサイトで紹介している「Stock One Thousand」のツールにも、その影響は出てしまう。そこで、その対処方法を追加したい。

まず、解凍の為のプログラムを準備する必要が有る。便利なのが、「Lhasa.exe」と言うプログラム。他にも有るが、「Stock One Thousand」を使うのであれば、これにして欲しい。おそらく、今まで以上に使い勝手が良くなるから。

ネット検索で「Lhasa.exe」を検索する。似た様な名前で、沢山の解凍ソフトがヒットするが、正確に「Lhasa.exe」でなければ、使い勝手は良くならない。自分は、ここからダウンロードした。ダウンロードしたファイル名は、「Lhasa020.exe」だった。

ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックしてインストールする。インストールされる場所を変更しない。変更しなければ、「C:\Program Files (x86)\Lhasa\Lhasa.exe」のパスにプログラムファイルがコピーされる。それを確認して欲しい。そこまで済んだら、毎日のデータを追加する段取りを説明したい。

毎日のデータを「Stock One Thousand」に追加するには、メニューの「Help」から「Web_Stock_Data」を選択して、株価情報日経225先物に飛ぶ。表示されたカレンダーから、必要な日付のデータをダウンロードする。ここまでは、今までと変わらない。ダウンロードされたデータは、「D170607.LZH」などの圧縮形式となっている。

従来は、このファイルをダブルクリックすれば、解凍できたが、Creators Updateが実行された後は、それが出来なくなってしまった。そこで、「Lhasa.exe」と言う解凍プログラムをインストールした。「Stock One Thousand」は、それと連携してデータを追加できるようにプログラムは出来ている。

「D170607.LZH」などのデータが、ダウンロードできたら、そのファイルを「Stock One Thousand」のグラフ位置にそのままDrag&Dropする。「Stock One Thousand」は、拡張子を調べて、圧縮されたままなので、「Lhasa.exe」が所定の位置にインストールされている事を確認して、それを使って解凍する。解凍されたデータを引き続きプログラムの中に読み込む。そんな流れで、データを取り込んでくれる。使い勝手は、今まで以上に良くなったと思います。



私の株研究
スクロールして、ご利用ください



お問い合わせ
ツールには、仕様なのか、バグなのか分からない不明な挙動も有るかも知れません。そうした事を見つけたら、優しく、教えて頂ければ、ありがたく思います。お問い合わせ、ご連絡は、メールにてお願いいたします。

 私の株研究