おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年1月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年1月の記事一覧


 31件中1~5件表示  次のページ
 売国奴は誰だ
 J-CASTニュースには、『実在しない朝日記者「進藤翔(24)」を探せ! NHK会長就任会見めぐりネット混乱、「虚報」流れる』と題して、 NHKの籾井勝人新会長が就任会見で、いわゆる従軍慰安婦問題について「どこの国にもあったこと」などと述べた問題をめぐり、現場の記者による「誘導尋問」があったとして、ネットの一部では「犯人捜し」が行われている。

   慰安婦問題の質問を執拗にしたのは、朝日新聞のある若手記者であるとの噂が広がり、「実名」と称するものも拡散したが、朝日新聞社がその名前の記者の在籍を否定するという異例の事態となった。

 籾井会長の就任会見の場で、慰安婦問題について質問した記者のやり方は「誘導尋問」だという声がある。当初、籾井氏は会長の立場では答えられないとしていたが、食い下がる記者に応答して慰安婦は「どこの国にもあったこと」などと持論を展開。「会長の職はさておき」と私的見解であることを強調したが、別の記者から「公式の会見」であることを指摘されると、その場で一連の発言の取り消しを宣言したというやり取りだった。

   一連の流れを知った2ちゃんねる「ニュース速報+」板のネット民は、「これは質問したクソ記者が悪い」「朝日記者の質問がしつこいしつこい」「糞ゴミ朝日記者をつるしあげろ」と、朝日新聞記者による質問と断定し、ソース不明の「どうやら、記者判明したようですね記者:進藤翔(24)らしい」という書き込みも出た。とある。

 元々慰安婦問題は、朝日新聞のねつ造記事に端を発し、政府が調査をしたが、朝日新聞が書いた記事を裏付ける証拠は、何一つ無かった。だが、それに便乗したのが、韓国だ。

 韓国が主張の拠り所とするのは、「河野談話」だ。河野氏の場合、この問題を作った張本人が、久々にテレビに出ていた。背景の事務所の本棚には、「中国。。。」とか、「大韓国。。」とかの本が、所狭しと並ぶ。これが、この議員の実態だ。頭の中は、中国と韓国で、一杯だ。彼が使う世界とは、韓国と中国の事。そんな頭の議員に、韓国民団から圧力が掛かれば、日本の事を忘れ、ころりと彼らの意向の通り動く。それが「河野談話」なる物の正体だ。

 民主党が、籾井会長を国会に呼んで、詰問するらしい。民主党と言えば、岡崎トミ子の様な、韓国にわざわざ出かけ、反日デモに公費を使って参加する議員を排出する政党だ。こうして嘘の歴史は、売国奴によって、作られる。

 実態は、強制連行どころか、当時の韓国では、朝鮮出身者が女性を連れ去った事件(1939年8月31日付の東亜日報)や、朝鮮半島出身者による少女買春事件(33年6月30日付同紙)などが多発していた。一方、日本の治安機関が連れ去られた女性らを救出したという出来事(39年3月15日付同紙)があった。事実は、韓国の主張の逆なのだ。

 むしろ、こうした事で、歴史を隠したいのは、韓国だ。それがライダイハンだ。 ウィキペディアからそれを抜粋すれば、ライダイハンとは、大韓民国がベトナム戦争に派兵した韓国人兵士による現地ベトナム人女性に対する強姦などの性的交渉によりもうけられた子供のこと。パリ協定による韓国軍の撤退と、その後の南ベトナム政府の崩壊により取り残され、「敵軍の子」として迫害された。ライはベトナム語で動物を含む「混血雑種」を意味する蔑称で、ダイハンは「大韓」のベトナム語読みであるが、卑語であることから「ライダイハン」という語そのものがベトナムの公式文書に現れる例は少ない。韓国では、ベトナム語からの借用語として取り入れられ、「ライタイハン」のように発音される。とある。その数、3万人とも言われる。

 何が出来る。私は、こうした問題をねつ造する朝日新聞を取らない。
posted by おやじ at 2014/01/31 06:31
コメント(0)  トラックバック(0)

 不法占拠
 時事通信には、『指導解説書の改訂撤回を=韓国』と題して、韓国外務省報道官は28日、日本政府が中高の学習指導要領解説書を改訂し、島根県・竹島(韓国名・独島)を「日本固有の領土」と明記したことに関し、強く批判し撤回を求める声明を発表した。とある。

 外務省のページには、
竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場
1.竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。
2.韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。
(注)韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。ともある。

 確かに、YouTubeを見ても分かる通り、韓国が不法に占拠している。改めるべきは、韓国の愛国教育と言う目的で行われている歴史の歪曲だ。韓国は、事実や真実を教科書で教えるべきで、歴史を韓国の都合でねじ場げるべきではない。その例が、朝日新聞のねつ造記事に端を発する慰安婦問題でもある。ましてや、日本に対して、韓国の歴史歪曲に付きあう様、要請する事は、大間違いだ。

 竹島には、日本人が住んでいた。それを韓国は、殺して不法占拠したと言うのが、歴史の事実だ。日本には、民主党の岡崎トミ子の様な、韓国に出かけ、反日デモに参加するなど、売国政党が闊歩している。だからと言って、韓国の歴史歪曲に付き合う積りはない。売国奴の朝日新聞や民主党が発する嘘を駆逐しないと、この問題は、くすぶり続ける。日本国民の正しい理解が、必要だ。ついでに韓国国民に真実の歴史を教えてやろう。

竹島に関する動画
日韓の古地図の比較
竹島、特別な島
posted by おやじ at 2014/01/30 06:42
コメント(0)  トラックバック(0)

 再稼働に意欲
 読売新聞には、『首相「原発、やめるわけにいかぬ」再稼働に意欲』と題して、安倍首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党代表質問が28日、衆院本会議で始まった。

 首相はエネルギー政策に関し、「海外からの化石燃料への依存度が高くなっている現実を考えると、『原発はもうやめる』というわけにはいかない」と述べ、停止中の原子力発電所の再稼働に取り組む考えを強調した。

 首相は「原発依存度は可能な限り低減する」と述べ、原子力規制委員会が定めた安全規制を満たした原発だけを再稼働させる考えを重ねて示した。東京都知事選(来月9日投開票)で、原発政策を争点とする動きについては、「様々な機会を捉えて議論が行われるのは望ましい」と語った。とある。

 そりゃー、そうだろう。最近のニュースでは、貿易も連続して大きな赤字を記録している。その額があまりにも大きいので、日本全体の経常収支も赤字となっている。このままでは、やがて日本は金が無くなり破たんする。つまり、食料すら輸入できなくなる。

 自給率40%の日本は、人口の6割を飢え死にさせる危機が迫る事になる。エネルギーの道筋も示さず、無責任に「脱原発」を連呼する売国民主党や、共産党などのプロパガンダが、そうした危機を作る事になる。首相の発言は、国の責任者として、当然の事だ。それを聞いた都民は、せめて都知事選は、無責任候補を排除するのが、良識ある都民の証でもある。

 大事な事は、安全で実現可能なエネルギー政策をしっかり作る事である。「脱原発」などと、スローガンを振り回す事ではない。
posted by おやじ at 2014/01/29 06:35
コメント(0)  トラックバック(0)

 人災いろいろ
 読売新聞には、『13年の貿易赤字、過去最大11兆4745億円』と題して、財務省が27日発表した2013年の貿易統計によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は11兆4745億円の赤字だった。

 赤字額は、これまでで最大だった12年の6兆9411億円を大きく上回った。円安が進んで輸出額は3年ぶりに増えたが、火力発電用の液化天然ガス(LNG)などの輸入額の増加が上回った。

 貿易収支は比較できる1979年以降で初めて、3年連続の赤字になった。13年の赤字額は前年より65・3%増えた。

 貿易赤字は対中国(5兆215億円)、対欧州連合(EU、6487億円)がそれぞれ最大となった。対米国は6兆1198億円の黒字を確保した。

 輸出額は前年比9・5%増の69兆7877億円だった。自動車が12・9%、ペットボトルの原料となるパラキシレンなどの有機化合物が38・8%、それぞれ増加した。ただ、輸出は数量ベースでは3年連続で減っている。とある。

 原発が停止して、電力を賄うために化石燃料を輸入する。その結果、貿易収支が赤字となる。その額があまりにも大きいので、日本全体の経常収支でみても赤字だ。このまま進めば、日本は確実に沈没する。すなわち、食料さえ輸入できない貧しい国となる。人々は、飢え、自給率40%と言う事は、60%の国民が飢えで死ぬ。そういう計算になる。このまま進めば、確実にそうなる。

 都知事選の「脱原発」は理想だが、国民が60%も飢えて死んでしまうのでは、問題ではないか。もう、嘘は要らない。原子力は高い。可笑しいではないか。ならば、どうして電力料金が値上がり、貿易収支が赤字になる。自然エネルギーで賄える。ならば、どうして電力料金が値上がり、貿易収支が赤字になる。

 即、「脱原発」など、出来ない。これが現実だ。「脱原発」などと言うスローガンではなく、具体的な道のりが示せないのは、無責任と言う事になる。

 福島の原子力事故は、人災だ。なぜ福島は大事故となり、女川原子力発電所は、それを免れたのか、その明暗を分けたのは、「人」。女川原子力発電所は、福島原子力発電所と同様に、東北地方の太平洋沖側に位置する。M9.0の巨大地震が発生したとき、女川原子力発電所は福島より、震源地に近く、地震の揺れ加速度は大きかった。地震に伴って、高さ13mの津波が女川を襲った。この津波は福島第1原子力発電所を襲った高さ14mとほぼ同じである。

 その差は、まさに人に有る。一言で言えば、女川原子力発電所は、自分たちの発電所。だから、いい加減な設計も無ければ、非常時の訓練もしていた。一方の、福島原子力発電所は、福島ではなく、東京の発電所。そこに努める気風は、まるで東京電力の役人より役人気質言われる体制だった。部下を管理するのに酒を飲ませれば良いとでも考えていたようだ。

 訓練のろくに行われなかった結果、原子炉の冷却が出来なかった。所長の責任と言うべきだが、なぜか、マスコミは、それを言わない。むしろ英雄扱いだった。そうした報道姿勢に、国民は勘違いをしている。それが実態ではないか。

 安全が確認された原子炉は、再稼働すべし。福島の様な、酒を飲ませれば良いと考える様な労務管理は、時代遅れ。ちゃんと訓練をしろ。それも安全確認の条件だ。

 つらつら考えるに、真実を公平に伝えないマスコミが、国民にとって一番の人災だな。特に慰安婦ねつ造記事で売国新聞と言われる朝日や、その系列の左寄りTVだ。
posted by おやじ at 2014/01/28 07:00
コメント(0)  トラックバック(0)

 日印関係
 読売新聞には、『首相、印式典で「画期的」な主賓…中国けん制』と題して、安倍首相は26日、インドの軍事パレードに当たる「共和国記念日」式典をシン首相とともに観閲した。

 日本の首相が式典に参加するのは初めてで、日印の安全保障面の緊密さをアピールすることで、「共通の脅威」である中国をけん制しようとする双方の思惑が一致して実現した。

 式典では、核弾頭搭載可能な長距離弾道ミサイル「アグニ5」(射程約5000キロ)は「被爆国・日本への配慮」(インド国防省幹部)で登場しなかったが、短距離ミサイルやインド初の国産戦闘機などが公開された。

 安倍首相は式典出席後、記者団に「インド最大の行事に主賓として招かれたことは日印関係にとって画期的なことだ。(今回の訪印で)安全保障協力は格段に強化された」と語った。とある。

 インドにとって、中国は、困った国だ。陸続きで国境を接する中国は、しばしばその国境を越えて、侵略を試みる。その度ごとに銃撃戦となる。そうした緊張関係は、国境を接する陸地ばかりではない。インドを囲む海洋は、中国が不法に占拠している周辺の島々に軍隊を配備する事から、まるでインド包囲網を形成して居るかの様相を呈している。

 一方の日本は、尖閣諸島沖に1000兆円と言われる石油資源が埋蔵されている事から、中国が日本の領海を侵犯し、領空おも侵犯し、陸地おも侵略せんと、たびたび尖閣の領海内で挑発行動を繰り返す。

 そうした中華と言う覇権思想を持つ中国に警戒する日本とインドが、安全保障面で中国を意識して協力し合うのは、当然だ。

 日本とインドとの間の海上ルートの安全を確保すべく、何らかの取り決めを作って欲しいと思うが、チャイナスクールの官僚が跋扈する外務省からは、政治主導が無い限り、難しい話なんだろう。それが、今まで日印関係を進展させる話が、進まない訳でもある。売国奴と目されるチャイナスクールの政治家の活動が鈍るのをきっかけに、日本の国内も、日本の安全保障面の強化を目的に、変わる必要が有りそうだ。
posted by おやじ at 2014/01/27 07:35
コメント(0)  トラックバック(0)
 31件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog