おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年10月の記事一覧


 31件中1~5件表示  次のページ
 「ロシアゲート」
 毎日新聞には、『謀略や資金洗浄など12罪で トランプ陣営幹部起訴』と題して、ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、モラー特別検察官は30日、トランプ大統領陣営の選対本部長を務めたマナフォート氏(68)を米国に対する謀略や資金洗浄(マネーロンダリング)など12の罪状で起訴したと発表した。マナフォート被告はこの日、首都ワシントンの米連邦捜査局(FBI)に出頭し、取り調べを受けている。ロシアゲートを巡る起訴は初めてで、捜査は新たな局面に入った。

 トランプ氏はマナフォート被告の起訴を受け、「(起訴内容は)マナフォートが陣営に参加する何年も前のことだ」とツイート。大統領選でトランプ陣営とロシア政府と共謀したなどとする疑惑自体とは無関係だと強調した。とある。

 記事の内容が、事実だとしたら、マナフォートが陣営に参加する何年も前に米国に対する謀略や資金洗浄(マネーロンダリング)などが有ったのかも知れない。

 だが、それがロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑、いわゆる「ロシアゲート」と言われる物かどうかは分からない。だが、政治的には、疑惑だ疑惑だと騒がれれば、トランプ政権にとって打撃だ。

 そもそも、クリントンが中国と癒着しても、何故か捜査が及ばない。オバマが中国から金を受け取ったとされても、捜査されない。アメリカのライス国務長官は、それが高じて、今では、中国の為に働いている。そんな話は、個々の政治家の腐敗どころではない、アメリカ全体に、臭うほどある。だが、捜査の対象にはならない。

 彼らの共通点は、日本嫌いであり、ロシア嫌いだ。
白人至上主義ではないが、第二次世界大戦で日本と戦い、それが、日本嫌いであれば、一部では、許される土壌が有るのか、旧ソ連時代の冷戦が高じて、ロシア嫌いであれば、許される土壌が有るのか、その差は、それ位不思議な事の様に思える。

 こうした状況を抱え、トランプ・習近平会談が予定される。大方の評論家は、成果が有ると好意的だ。だが、中国が、金を使ってアメリカの政治に深く浸透していれば、いるほど、トランプ氏は、足元を見られ、成果とは程遠い抽象的で、玉虫色の内容で終わるのではなかろうか。

 そうした状況は、何もアメリカだけの事とは限らない。チャイナスクールか大手を振るって闊歩する、日本も変わらぬと見るべきだろう。

 従って、北の問題は、進展しない。現状維持だ。中国が、北を支える構図に変化はない。制裁も口だけ、なんら効果はない。

 やがて、他の独裁国家がそれをまねて、核武装を検討し始める。世界が不安定化する始まりに過ぎないのではなかろうか。
posted by おやじ at 2017/10/31 07:08
コメント(0)  トラックバック(0)

 ダークバリオン
 WIRED.jpには、『宇宙に隠れていた「ダークバリオン」の検出に成功──「宇宙マップ」を描く道が開けた』と題して、宇宙を構成する物質のうち、われわれが知覚できるとされる物質「バリオン」。これまで理論値の半分しか観測できていなかったが、その残りである「ダークバリオン」の検知に2つの研究グループが成功した。これにより、現在の技術で「宇宙マップ」をつくれる可能性が出てきた。

 われわれの宇宙には、クモの巣状に分布したダークマターの大規模構造がある。そして見えない網の目に沿うように、可視光で観測可能な銀河団が存在しているといわれている。

 そのなかに、われわれが知覚できるとされる星や銀河などの普通の物質「バリオン」は、宇宙を構成するもののわずか4.6パーセントにすぎない。そのほかの95パーセント以上は、未知のダークマターやダークエネルギーで構成されているというのが、現在までに行われてきたさまざまな観測、モデル、シミュレーションなどで一致している見解である。とある。

 我々の住む宇宙は、クモの巣状に分布したダークマターの大規模構造がある事は知っていた。95パーセント以上は、未知のダークマターやダークエネルギーで構成されていると言われてるのも知っていた。だが、「ダークバリオン」の検知に2つの研究グループが成功した事に付いては、知らなかった。分からない部分が分かって来る事で、「宇宙マップ」をつくれる可能性出て来たとしている。

 さて、宇宙マップが出来たとして、宇宙マップが必要なほどの宇宙旅行が出来る日が来るのか、夢は尽きないのだろう。だが、その時の人類は、宇宙旅行が出来るほど、その本質を理解できる程に知能が進めば、もはや今の人類とは別の種類の人類と言う事になっているのだろう。

 そう言えば、ドレイクの方程式には、生命の知的レベルは無論だが、その文明が存在しうる長さなんて言う考えもベースには有った。そうした事を加味すれば、猿の惑星と揶揄される今の人類では、無理じゃないの。そう考えるのが、残念ながら、妥当かも知れない。
posted by おやじ at 2017/10/30 06:59
コメント(0)  トラックバック(0)

 北、対応変化?
 毎日新聞には、『<北朝鮮>「核戦力目標達成の段階」初報道 対応変化示唆か』と題して、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は28日、論評で「我々の国家核戦力の建設は既に、最終完成のための目標が全て達成された段階にある」と主張した。北朝鮮の国営メディアが「目標が達成された段階」と報じるのは初めてとみられる。挑発行為を続けてきた北朝鮮だが、今後の対応の変化を示唆している可能性がある。とある。

 北朝鮮が、動きを止めている。そして、この論評だ。そろそろ着地点を模索し始めていると考えられるかも知れない。

 トランプ・習近平会談を前に、その内容は、北朝鮮問題が中心になろう事は、容易に想像がつく。中国に対して強硬に経済制裁を求めるトランプ氏に対して、習主席はなんと言い訳を考えるのか、そんな構図が浮かぶ。習主席はその腹いせを北朝鮮にぶつけるかも知れない。或いは、取り巻きが、忖度を行うかも知れない。北にとって、今の時期、挑発行動は、まずいと思うのは旧日本軍のバカであるまいし、誰もが分かる話だ。

 朝鮮半島の非核化は、日本の要求であるが、核を持つ中国にとっては、どうでも良いのかも知れない。アメリカ、中国が北朝鮮の非核化に向け、一致を見る事は、現実に有り得る話だが、それが失敗すれば、核拡散に繋がり、世界がやがて不安定化する。そればかりか、核が実際に使われる危険性をはらむ事になる。

 トランプ・習近平会談を前にして、アメリカ、日本を含め、中国と北朝鮮は、折り合いを付けるべき条件を巡って、攻防が繰り広げられているに違いない。そこそこの提案が有ったのだろう。北もその感触を得た。そんな背景が、着地点を模索す動きとなって表れた。そう考えられなくもない。

 だが、日本がそれで安心かと言えば、そうとも言えない。中国は、自国の利益を全うする目的で、多額の金を使いアメリカの政治に関与する。トランプ氏と大統領選挙を戦ったクリントン氏を例に取れば、中国との関係が深く、選挙資金の100憶円とも言われる金が、実質大半、中国からの金ではないかと疑われる。

 その選挙資金は、約43億8000万円と報告されている。さらに、これとは別に、政治資金団体「スーパーPAC(政治活動委員会)」は、5200万ドル(約54億3000万円)を用意しているとされる。およそ100億円の内、どこまでが中国からの裏金なのか、どこまでが善意の資金なのか、トランプ氏の選挙資金と比べると、殆どが裏金と言われても仕方がない。

 膨大な資金がヒラリー陣営に流れ、それを寄付をした中国人の住居を実際に訪問すると、「リストにある住所と名前が一致しなかっただけでなく、一致した人物ですら寄付をした覚えばないと言った」とされる。ニューヨークタイムス記事とその記者の話だそうだ。

 オバマも中国から資金援助を受けたとされる。その返礼なのか、オバマは、国家情報会議の委員長にチャス・フリーマン氏を任命した。この職種は、アメリカ国家の中心になるスパイの総元締めだ。そこに事も有ろうに、中国の手先と言われる人物を据えた。このネタは、NHK特派員であった日高氏の日高レポートからだ。

 日本に対して厳しかったアメリカのライス国務長官は、今では、中国の為に働いている。そんな話は、個々の政治家の腐敗どころではない、アメリカ全体に、臭うほどある。それが現状だ、

 トランプ氏の周辺は、まだ、人が揃っていない。中国のにおいを漂わせるオバマの残党が実務を取り仕切る。日本の思いとは別に、彼らは、中国の為に動く。日本国内だって、中国と韓国の2か国を以て世界と言って来た連中やマスコミは、中国の為に騒ぐ。平和の実現には、予断が許されないと言うのは、まさに、今なのだろう。
posted by おやじ at 2017/10/29 07:18
コメント(0)  トラックバック(0)

 JFK暗殺資料
 JIJI.COMには、『犯行25分前に予告? =英地方紙に匿名電話―ケネディ暗殺資料』と題して、1963年にジョン・F・ケネディ元米大統領が暗殺される25分前、英南部の地方紙記者に対し、米国での「大ニュース」発生を予告するような匿名の電話があったことが、このほど公開された米連邦捜査局(FBI)の内部文書で明らかになった。とある。

 ケネディー大統領暗殺事件では、ビデオが有る。タイトルの名前は、「JFK」だったと思うが、そのビデオで印象に残ったのは、マジック・バレットと名付けられた弾丸だ。1発の弾丸の軌跡がUタウンをしたり、方向を変えたり、しかも無傷だったり。それが現実にはあり得ないと否定すれば、オズワルド単独説を否定する証拠でもある。そんな内容だった。

 そのビデオでは、暗殺が起きる前に、すでに情報が流れていた事にも言及していた。それも一つではなかったかと思う。その一つが、公開された。もはや、ビデオの世界ではなく、現実のニュースとして。

 ビデオでは、組織的暗殺とすれば、ずばり、その時、副大統領を務めるジョンソン氏の仕業としている。それを裏付ける状況証拠の数々。だが、決定的な直接証拠はない。マジックバレットを有りえないとすれば、ジョンソン氏に繋がり、そう言う物だとすれば、オズワルド単独説となる。そんな構成だったと思う。

 いつの日か、真相が明らかにされる日は、来るのだろうか。その真相とは、何か。やはりマジックバレットは、存在したとなるのか、ジョンソン氏が大統領になるための仕組まれた陰謀だったのか、年月が経ち、人々の関心が歴史にひとコマとして受け入れられる時になって、初めて真相が公開されるのか、それはまた、やったのは、ジョンソンだよと言っているに等しいとも受け取れる。

 そこまで疑われても、当のジョンソン氏は、調査情報を封印し、沈黙を貫いている。そこが、またすごいね。
posted by おやじ at 2017/10/28 07:31
コメント(0)  トラックバック(0)

 韓国人は恩知らず
 Record Chinaには、『「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」=韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ』と題して、2017年10月24日、韓国・毎日経済新聞などによると、朝鮮半島情勢が緊迫化し、米トランプ大統領の就任後初となる訪韓が迫る中、韓国の団体による激しい反米・反米軍デモの様子がSNSで公開され、米国ネットユーザーが怒りの声を上げている。

 また、動画と共に「US TROOPS GO HOME(米軍は帰れ)!」と書かれたビラの画像も掲載された。このビラには「韓国人はトランプを軽蔑し、トランプの手下であるあなたたちも嫌悪している」「よって韓国はあなたたちにとって安全ではあり得ず、武器を持ちすぐに立ち去ることがあなたたちを生かす唯一の方法だ」といった脅迫めいた内容が、米兵向けに英語で書かれていた。とある。

 反米を掲げる団体は、結構どこにでもある。かつての日本もそうだった。野党が政治に大きな影響力を持っていた頃は、そうだった。今、彼らは、そんな日本を嫌い、反日であり、反米と言うより嫌米として存在する。反日嫌米の日本人として、存在する。と同時に、彼らは、韓国と中国の2か国を以て、世界と言って来た連中だ。そんな特徴がある。社民党や立憲民主にその残党が良いる。

 韓国の反日デモし参加した議員や、米軍はもとより、日本の自衛隊ですら、必要ないとする辻元議員もいる。

 韓国のこうした反米に対して、記事では、「米国の助けがなければ韓国は今ごろ金正恩(キム・ジョンウン)の統治下にあったはずなのに、ありがたいとも思わないのか」「北朝鮮がそのまま韓国を手に入れるように放っておこう」など韓国への批判が殺到しているという。

 米国の言い分は、合理性が有り、その通りなのだろう。アメリカの助けが無ければ、北による朝鮮半島の統一がなされ、多くに人が、飢え死にしたに違いない。だが、そうした合理的な理屈は、彼らには通じない。彼らもまた、日本に居る反日嫌米人と同じく、中国と北朝鮮の2か国を以て、世界と考えるのだろう。

 韓国は、日本人によって作られた。だが、韓国人に日本に対する感謝の気持ちは無い。「韓国人は恩知らずだ」といった意見が圧倒的なようだ。とも有るが、その通りだ。そもそも彼らには、恥の概念がない。かつての売春婦が、金になれば、嘘の歴史を語り慰安婦だと偽って、金をせびり、己の顔を公然と晒す。アメリカの記者の質問に答えたら、それは戦後の話ではないのかと指摘される。慌てた、支援者が会見を打ち切り、次からは、答えを変え、判を押した様に答える様になった。そんな話もある。

 いくらなんでも、韓国の反米デモに参加するアメリカの議員は居ないだろう。万が一、居たとしたら、アメリカでは、選挙で落選するだろう。反日日本人でも当選出来てしまう日本とは、そこが、大きな違いだな。

 日本に居ながら、反日日本人をやっているのだから、反日日本人は、韓国のそれと同じで、恩知らずだよな。
posted by おやじ at 2017/10/27 07:37
コメント(0)  トラックバック(0)
 31件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog