おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年2月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年2月の記事一覧


 27件中1~5件表示  次のページ
  予算教書
 時事通信には、『米、国防費6兆円増加へ=他の項目削減で相殺―予算教書』と題して、トランプ米大統領は27日、3月半ばに議会に提出する2018会計年度(17年10月~18年9月)予算教書で、国防費を「歴史的に増やす」と明らかにした。

 増額分は他の項目の削減で相殺するという。米政府高官は国防費は540億ドル(約6兆円)増えると述べた。
 大統領は州知事らとの会合で、予算は「公共の安全と安全保障、経済成長を重視する」と強調した。28日に上下両院合同会議で行う演説でもこうした考えを表明。インフラ投資の拡大に関しても「大きな発表をする」と述べた。

 一方、米行政管理予算局の高官は記者団に対し、海外援助費を大幅に削減すると説明。国防総省以外の大半の政府機関で予算が削減されると語った。とある。

 なかなかはっきりした政策が見えないトランプ政権だが、その形がだんだんと具現化する。予算とは、まさにそれを型にした物だからだ。それに因れば、国防費を6兆円増加させ、その辻褄を海外援助費を削減する事で合わせる。そんな予算だ。海外援助費には、日本の様に中国に対するODAは、当然にして、含まれていないだろう。

 日本の場合は、中国が世界第2位の経済大国になっても、チャイナスクールの要望で6兆円ものODAと言う名の元に援助金を出している。全くばかげた予算だ。中国大好きの二階幹事長は、総務会長の時、3000人を連れて中国詣をした事でも中国を如何に大事に思っているかが、窺い知れる。まさに、中国の為に何かをする政治家だ。

 東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べたと、「国民が知らない反日の実態、二階俊博の正体」にそう書かれている。典型的なチャイナスクールの政治家だ。日本の国益より、中国を優先する政治家だ。

 チャイナスクールとは、ウィキペディアで調べると、一般には「チャイナ・スクール」は、安全保障問題や近年日中間で加熱している歴史認識問題について、親中的な言動・行動を行なう傾向があるとされる。彼らは日本の国益から中国との関係を築くのではなく、中国側の立場にたって言動・行動する傾向があるとされる。また、同国が抱える法輪功などの民間団体、チベット、東トルキスタン地域に対する人権抑圧などの問題に迎合の立場をとる、あるいは問題を提起しようという動きに対して圧力を加える立場をとっている。とある。

 「ガス田を中国に献上しようとする」

 東シナ海の日中中間線でのガス田開発問題では、麻生外務大臣が中華人民共和国によるガス田開発強行に断固対応する姿勢を示すと、この「日本の対応に“こそ”問題がある」、「強硬に対応するなら勝手にやればいい」と述べた。とか、

 「江沢民の銅像を建てようとする」

 和歌山県田辺市の新庄総合公園に、江沢民の揮毫と講話を中国語で刻んだ

 「日中国交正常化30周年記念碑」 

  建立計画が中止に追い込まれた。

  2月21日の県議会での一般質問に答えて、木村良樹和歌山県知事は「計画は白紙に戻す」と表明した。

  計画は地元選出の二階俊博衆院議員が計画し、
 「日中友好交流推進協議会」を県と市に作って建立資金を集めていたが、  同協議会は解散、集めた資金は返納されることになった。

 そんな話もネットに載っている。トランプ大統領は、そんな二階氏とは、肌が合わないだろうね。日本国民からすれば、日本で政治家になるよりも、中国で政治家になれば良いのにと思うね。
posted by おやじ at 2017/02/28 07:09
コメント(0)  トラックバック(0)

  認知症対策
 読売新聞には、『若年性認知症、全国で実態調査…厚労省方針』と題して、厚生労働省は、働き盛りの世代で多く発症する「若年性認知症」の全国実態調査を初めて実施する方針を決めた。

 2017年度から3年かけて患者とその家族約1万人の就労状況や生活実態を調査したい考えだ。高齢者の認知症と比べて遅れがちな支援策を検討する。とある。

 癌も怖いが、どちらかと言えば、一番なりたくないのが認知症だ。何故って、分からなくなってしなうんでしょう。自分が生きているのか、死んでいるのかさえ、認識が無くなる。ある種、哲学的に言えば、人間としての死だね。若年性認知症とは、若くして生き地獄を見るような物と考えてしまう。そうなりたくはない。

 下には、関連記事として、歯周病、認知症や脳梗塞の原因にもとか。この話を以前知ってから、口腔衛生が気になった。そこで、食後の歯磨きは怠らずにするようにした。そうしたら、周りの人の口臭に気づき、口のくさい人が多い事に気づかされた。8割が歯周病。。。そうかも知れない。それ位臭い。ついでに言うと、加齢臭とか言って、若者が年寄りを揶揄するが、若者もなかなか臭い。くさい人は、匂いの質が悪い。加齢臭とか言うが、お前も臭い。気付かないのは、本人だけ。

 そんな認知症を予防するためと称して、テレビ番組では、運動と同時に頭を使う事を奨励している。散歩しながら俳句とか、しりとりとか、言っていた。認知症予防のために何か、生活習慣として、加える必要が有るのかも知れない。

 頭を使う事として、VB.netによるプログラミングを始めた。散歩中にプログラミングは出来ないが、構想は練れる。昨年は、トランプ景気で株が上がった。それをうまくとらえる事が出来て、そこそこ良い年を過ごせた。今年は、昨年の様な大きな変動がないかも知れない、そうなると、僕の様な一般人にとっては、チャンスが少ない。それでも、それなりの良い思いをしたいと考えて、構想を練り、株関連のツールをプログラミンした。

 プログラミングをして、気が付く事は、記憶の鍛錬だね。調べて、記憶する。覚えていれば、次はスムーズにコーディングできる。所が、記憶があいまいだとか、忘れると、また調べなおすことになる。その連続だ。さすがに、記憶力が悪くても、それを繰り返すと、記憶に定着してくる。結局、記憶力の訓練と言っても良いかも知れない。だから、認知症予防には、良い方法なんじゃないかと思っている。
posted by おやじ at 2017/02/27 07:54
コメント(0)  トラックバック(0)

 ニュースの根拠
 毎日新聞には、『<米政権>対露強硬論広がる 閣僚ら発言、トランプ氏容認か』と題して、トランプ米政権内でロシアに対する強硬論が広がっている。トランプ大統領自身は対露関係改善への意欲は失っていないようだが、実務を取り仕切る外交・安全保障チームの閣僚らは同盟国との関係も踏まえた対露発言をしており、トランプ氏も受け入れざるを得なくなっている可能性がある。トランプ政権下で米露関係が好転し、北方領土問題を進める環境整備を期待していた日本は、再考を迫られる恐れもある。とある。

 一体どっちなんだと言いたくなる。オバマが対ロ政策を厳しくする中、日本の北方領土問題は、棚上げになっていた。それが、口だけのオバマがレイムダック化する隙をつき、北方領土を念頭に対ロ交渉に踏み切った安倍首相だが、結果は、食い逃げされた感もある。お人好しの世耕大臣では、そもそも交渉に向いていないのではないか。外交交渉とは、言葉よりも、力が物を言う。歴史の事実であり、世界の常識ではないか。

 当初、トランプ氏がロシアに理解を示すと、北方領土問題は遠のくとマスコミは言っていた。ロシアから見て、直接アメリカと話し合えるなら、日本の価値が薄れるからだと説明している。

 所が、アメリカで、ロシアに対する強硬論が広がると、北方領土問題を進める環境整備を期待していた日本は、再考を迫られる恐れもある。と今度は、言っている。日本のマスコミは、何に付けても、北方領土は遠のくと言いたいらしい。

 橋元首相時代に、ロシアのエリチンと北方領問題で大きな前進を示した時が有った。日本側が「うん」と返事をすれば、返還される所だったと理解している。この時、猛烈にいちゃもんを付けたのが、マスコミだったとも記憶している。トランプじゃないが、マスコミは、正しいニュースを伝えるのが、使命と心得て欲しい。ましてや、朝日新聞の様に、嘘のねつ造記事を連発して、その後の慰安婦問題や南京問題を作り上げたりしないで欲しい。

 最近気になる事は、常識もわきまえぬタレントが、ニュース番組で根拠のない適当な発言を繰り返す。テロップを出して、どうした資格で物を言うのか、はっきりさせろ。出せないなら、タレントをひ込めろ。過去に警察に検挙されるような犯罪歴を持つタレントでも、そうした事をひた隠し、メインの座に据える。どうかしているぞ、マスコミは。
posted by おやじ at 2017/02/26 07:47
コメント(0)  トラックバック(0)

  共産党の政治
 AFP=時事には、『北朝鮮、化学兵器5000トン保有か 正男氏遺体から検出の猛毒VXも』と題して、韓国の専門家らは24日、北朝鮮が化学兵器を最大で5000トン保有しており、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏の暗殺に使われた神経剤VXも含まれるとの見方を示した。とある。

 共産党と言う政治は、人ロ殺すための政治だと見える。北朝鮮の正式名称は、朝鮮民主主義人民共和国だが、大量の毒ガスは、人を大量に殺戮するための毒ガスであって、自国民の民主主義の為でもなく、朝鮮の人民の為でもない。民主主義などと国名を付けておきながら、選挙もしない。共産党と言うのは、嘘で出来ている。

 そう言えば、話は飛ぶが、豊洲移転問題で百条委員会の設置が検討されている。昨日のフジテレビのBSニュースでは、共産党の都議が出席していた。彼の話を聞いていると、石原都知事は、こう考えていた。こう思っていた。などを連発する。どうして他人のあんたに、石原都知事の頭の中が、見えるかについては、語らない。豊洲と東京ガスの契約に名を連ねる人が、百条委員会の聴衆リストに入っていない。聞かれても、その説明もしない。

 そもそも百条委員会の設置は、都議選を前に選挙の為にやる事は見え見えだが、共産党の議員の様に、嘘で固めて都民を騙すような事が有ってはならない。そもそも豊洲問題とは、個々の問題に関して、一つ一つ都議会が承認を与え、進めてきた問題ではないか。証人喚問に、一つ一つの案件に対して、担当役人に指示与え、権勢を振るって来た都議会のドンが含まれないこと自体、不可思議でならない。
posted by おやじ at 2017/02/25 07:33
コメント(0)  トラックバック(0)

  国交断絶?
 読売新聞には、『マレーシア、北大使の国外退去を検討…ロイター』と題して、北朝鮮の金正男氏殺害事件に絡み、ロイター通信は23日、マレーシア政府が北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使の国外退去処分を検討していると報じた。

 当局者は、北朝鮮による批判が止まらなければ、国交断絶もありうるとしている。

 マレーシア政府当局者によると、大使が公表した声明でマレーシア政府を「信用できない」と批判したことを問題視。対抗措置として、大使を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と認定し、国外退去とすることや、在北朝鮮のマレーシア大使館の閉鎖や北朝鮮国民によるビザなし訪問停止などを検討しているという。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、事件を初めて報じ、マレーシアを痛烈に批判。「マレーシア警察が客観性と公正さを欠き、意図的に事件の容疑を我々にかけようとしている」とする朝鮮法律家委員会報道官の談話を伝えた。とある。

 一連のニュースを信ずるならば、金正男氏の殺害事件は、北朝鮮による犯行であることは、間違いない事だろう。このような事件を、マレーシア国内で起こすこと自体、マレーシアにとってみれば、許し難い暴挙だと映る。その上、マレーシア政府を「信用できない」と批判されたのでは、国交断絶もありうると批判が出るのは、当然の流れだろう。

 共産主義国の外交は、北朝鮮も例外ではなく、プロの外交部ではなく、党が仕切る。従って、党の、特に一等書記の個人的考えが優先され、国際情勢と乖離する。ごますりの意見がそれをさせたのか、政治に無関心を誓った金正男氏を暗殺する事は、大きな間違いを犯した。この事件を切っ掛けに、マレーシアとの関係がおかしくなれば、北朝鮮の孤立化は、ますます進む。金正男氏の息子を担ぐ亡命政府の樹立だって、現実の物になりかねない。事は、ますますおかしくなり、焦る北が、さらなる刺客を世界にばらまけば、テロ指定国家として、国際社会全体を敵に回すことになりかねない。

 その時中国だって、何時までも北を保護する事は無くなる。国際社会の批判が強まれば、中国にとって、北を保護するメリットが失われたと考えるだろう。中国にとって、亡命政府を担ぐ方が利益になると判断されれば、彼らは、躊躇なくそうする。それが、共産党国家と言う物であろう。周囲をごますりに囲まれ、何も見えなくなっているのか、今の北の指導者は、おそらく、失敗への道を歩むのではないか。

 日本の取るべき道は、スパイ天国などと言う汚名を返上し、巻き添えを食わぬように、しっかり自国の防衛に努める事だ。
posted by おやじ at 2017/02/24 07:35
コメント(0)  トラックバック(0)
 27件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog