おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2018年4月の記事一覧


 30件中1~5件表示  次のページ
  PCスキル
 FNN PRIMEには、『音声入力でよくね?」 若者のPCスキル低下が職場に与える影響はあるのか?』と題して、NECパーソナルコンピュータ株式会社が、昨年2月に発表した「大学生(1年生~3年生)・就職活動経験者(大学4年生)、人事採用担当者を対象とするPCに関するアンケート調査」(N=1012名)によると、9割以上の大学生がパソコンを所有している一方で、7割以上はパソコンのスキルに自信がないとの結果が出ている。

 実際、採用する側も若者のPCスキル不足を実感しているようで、「新入社員にPCスキルの不足を感じるか」との問いに、57.2%が「感じる」「やや感じる」と回答。とある。

 平均の意味も分からぬ大学生と題した記事を思い出す。そうした学生が就職すれば、パソコンを持っていても、使えない社会人と言う事なのか。

 民主党政権下では、有効求人倍率が7割を割った事も有った。民主党政権で陰りを見せても、それでも、団塊の世代が築いた豊かさの恩恵が、今の日本だ。それが、安倍政権になり、アベノミクスが功を奏して今では、就職できない方がおかしい。若者の誰もがパソコンを持ち、誰もがスマホを持っている。

 民主党政権の支持母体である日教組は、日本の国歌を否定し、日の丸を認めない。共産革命を夢見る連中が中心を占める日教組は、ゆとり教育を進め、平均も分からぬ大学生を量産した。その残像なのか弊害なのか、若者がパソコンを使えない。そのひどさは、マウスの使い方も分からぬとさえ、記事にはある。そんな若者が支えなければならない日本は、高齢化社会を迎える。これは、ある意味、北朝鮮問題よりも、結構、深刻な事ではなかろうか。
posted by おやじ at 2018/04/30 06:56
コメント(0)  トラックバック(0)

 不都合の連鎖
 毎日新聞には、『<中印首脳>関係強化で一致 武漢で会談「一帯一路」の要所』と題して、中国の習近平国家主席は27、28両日、湖北省武漢市でインドのモディ首相と非公式に会談し、関係強化で一致した。武漢は中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の要所の一つ。「一帯一路」建設でインドに協力を働きかけることで、対中国を念頭にインドとの連携強化に動く日米をけん制するねらいがあるとみられる。とある。

 トランプ氏のアメリカファーストから派生した関税に対して、有ろうことか、中国が嘘でも自由貿易を主張する。その習近平の思惑は、不勉強で人の話を聞かないバカなトランプに接して、これはチャンスだと思ったのだろう、インドを取り込むことで世界に対する影響力を拡大する。記事は、それが始まったと見るべきだ。

 憲法論で、手足を縛られ、応戦できない自衛隊。そんな自衛隊しか持てぬ日本は、安全保障面では、アメリカに依存しなければならない。バカより始末の悪い護憲派は、もはや宗教。そこに物事を理屈で考える脳みそは無い。

 トランプ氏の民主主義でありがちな、バカな代表、人気投票で選ばれたバカ、それが見えて来た。TPPに反対したトランプ氏は、反対理由として、中国の思惑には、乗らないと豪語した。TPPの参加メンバーに中国が入っているからだと記者に語ったと言う。所が、TPPは中国包囲網で、中国は参加メンバーではない。トランプ氏の不勉強もここまで来れば、バカの領域に入る。

 それを記者から知らされても、トランプと言う人間は、自身の意地を優先させる性格なのか、TPPの不参加を決めた。今度も、「北朝鮮の非核化」と「朝鮮半島の非核化」の意味の違いも判らず、ツイートしてしまった。トランプ氏は、安倍首相からその違いを説明されても、バカから出た意地を優先させる。もはや手の付けようのないバカだ。おまけに、忠告してくれる閣僚やブレインを首にする。

 そうした不都合にトランプが意地を通せば、それは、北がICBMを止めれば、それで良いと、そこに繋がる。ミサイルだけを見ても、中距離、短距離ミサイルの存在を忘れ、人の話を聞かないたバカ振りを示す。結局、見えてきたのは、日本にとって最悪のシナリオ。結局、よくよく考えてみれば、護憲派の宗教心が、日本を危険に晒している事に繋がっている。

 日本国憲法は、不戦を謳っているが、自国を守る仕組みが無い。平和憲法を掲げる国は世界に多いが、その基準で見ても、日本の憲法は、平和憲法とは言えない。不戦憲法を平和憲法と嘯き、宗教の様に信じる事で自身を納得させ、疑問を捨てる。平和でない憲法を掲げれば、その代償は大きなものに付く。護憲派が、バカより始末が悪いとは、この事だ。
posted by おやじ at 2018/04/29 07:54
コメント(0)  トラックバック(0)

 南北首脳会談
 JIJI.COMには、『トランプ氏、南北首脳会談を歓迎 「時のみぞ知る」との戒めも』と題して、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は27日、この日行われた韓国と北朝鮮の歴史的な首脳会談をたたえた一方、「時のみぞ知る」と戒めた。

 南北首脳は、恒久的な和平と朝鮮半島(Korean peninsula)の完全な非核化を目指すことで合意。これを受けてトランプ大統領はツイッター(Twitter)に、「ミサイル発射と核実験という怒りの1年を経て、南北の歴史的会談が今行われている」と投稿。その上で、「良いことが起こりつつあるが、時のみぞ知る!」とも記した。

 トランプ氏は続いて、「朝鮮戦争が終結へ! 米国と偉大なる国民全員が、今朝鮮半島で起こりつつあることを非常に誇りに思うべきだ」とツイートした。とある。

 どうやら、米朝会談を前にして、その結論が既に見えてしまったツイートだ。つまり、北朝鮮は核を手放さない。トランプ氏の顔を立て、ICBMは止めるが、中距離、短距離ミサイルは保持する。北朝鮮の経済発展のため、日本が金を出せと。日本にとって最悪のシナリオとなりそうだ。

 そのボタンの掛け違いは、「北朝鮮の非核化」と「朝鮮半島の非核化」の違いを理解しないで、ツイートしてしまったトランプ氏の浅はかさに端を発しているのかも知れない。北朝鮮の専門家が指摘する事は、北の核は、南北統一の為の核で、アメリカと不可侵条約を締結するか、アメリカ軍を韓国から撤退させたのちに、北主導で朝鮮半島を統一する為の核だと。

 その統一が、かつて北朝鮮が南下して朝鮮戦争が勃発したように軍事的な衝突を伴う時、他国が干渉できない様にする核だと専門家は言う。もっと具体的に言えば、それを止めようとすれば、日本が核の人質になるという。こうした分析は、既にかなり昔からなされていた。金正恩が権力を継承する以前から既に分析されていた。だが、その時、マスコミがその分析を報じる事は無かった。

 「朝鮮半島の非核化」の真の意味が報じられないまま、事が進み、トランプ氏の拙速なツイートがそれを承認する。まさにバカが歴史を作る。慌てて、安倍首相が訪米すれど、すでにこと遅しだった。そんな様子が見える。トランプ氏の、「良いことが起こりつつあるが、時のみぞ知る!」とは、自身のバカと、安倍首相からの助言の板挟みとなったトランプ氏の自己弁護の声の様に聞こえる。
posted by おやじ at 2018/04/28 06:34
コメント(0)  トラックバック(0)

 南北朝鮮の本心
 Newsweekには、『アメリカの「裏方」をアピールする南北朝鮮の本心は?』と題して、4月27日、韓国と北朝鮮は史上3度目の南北首脳会談を開く。過去2回と異なるのは、今回はメインイベントである米朝首脳会談の事前会談という位置付けであること。つまり前座だ。

 これは文在寅(ムン・ジェイン)政権も認識している。韓国大統領府は米朝会談に向け「南北会談でしっかり地ならし」すると裏方ぶりをアピール。韓国メディアも南北会談を米朝会談への「仲介」と表現している。とある。

 記事では、文の手法を見ると、米朝会談こそ脇役であり、南北朝鮮がそれを踏み台にして主役にのし上がる裏のシナリオを描いているように見える。とか、南北統一実現のためには、朝鮮半島問題に強く干渉するアメリカの影響力を排除することが不可欠。そこで南北は手始めに、米朝会談の成果をトランプ米政権の手柄にしようと躍起だ。などと有る。

 文氏が、南北統一を悲願にしている事は、知れた話だ。北朝鮮も南北統一が何よりも進めたいと考えているはずだ。そもそも朝鮮戦争は、統一を掲げ、北朝鮮が南下してきたのが、切っ掛けだった。その意味では、韓国の文政権も、北朝鮮も、目指すゴールは同じと言って良い。

 考えなければならないのは、どちらが主導しての統一なのか。つまり、統一後は、自由民主主義なのか。それとも、民主主義人民と言われる社会主義なのか。日本の野党と同じで、社会主義思想を持つ文氏にしてみれば、統一後は、社会主義国家でも良いとさえ思っているはずだ。いや、そう有らねばならないとさえ思っているかも知れない。

 文氏は、韓国国内で憲法改正を進めている。その文案からは、現在の自由民主主義から自由を取り、ただの民主主義に改定する案が入っていると言う。まさにそれであり、そこが実は最大の問題では無かろうか。

 記事の通り、南北統一が目的で、アメリカの影響力排除を狙っているとしたら、トランプ大統領に対しては、核を放棄しますと約束をする。但し、それには時間が必要だと言い、韓国も理解を示すとなるのだろう。

 だが、南北統一を目論む民族主義にとって、核は民族の誇りとさえ言い切ったことを考えると、核を手放す気などない。慰安婦問題では、嘘を付きまくった連中だ、核放棄の約束など守るはずがない。

 朝鮮民族と言う民族主義は、中国を中心に近い朝鮮が上で、中心から離れる民族は下の存在だとみなす。日本より、我々の方が中心に近いわと言う事なのだろう。慰安婦問題の嘘は、彼らにしてみれば、猫にじゃれ事を言うくらいの感覚なのだろう。猫と交わした約束など、引っかかれないと分かれば、守られるはずもない。
posted by おやじ at 2018/04/27 06:20
コメント(0)  トラックバック(0)

  格差問題
 現代ビジネスには、『「底辺校」出身の田舎者が、東大に入って絶望した理由』と題して、教育と格差の問題といえば、しばしば話題にのぼるのが東大生の親の年収である。2014年の調査によれば、東大生の育った家庭の半数強が、年収950万円以上の比較的裕福な家庭だという。

 ここで問題視されているのは、階級の固定化である。つまり、裕福な家庭は多額の教育費を支払うことができるので、子供は高学歴化する傾向にある。学歴と収入は比例することが多い。結果的に、金持ちの家系はいつまでも金持ちだし、逆に貧乏人はいつまでも貧乏から抜け出せない――という問題だ。とある。

 ずいぶん長い記事だ。どうも左翼的社会主義思想が、格差は悪いと決めつけて、物事を論ずる。しかも、その責任は最終的には自民党が悪いと結論付ける事がお決まりのようだ。

 だが、世界を見れば、日本ほど格差の少ない国は無いと思うけど。どうだろうか。日本では、トランプ氏の様な金持ちは、生まれにくい。

 かと言って、生活保護が有り、飢え死にするような人もまた、生まれにくい。韓国の財閥、中国の共産党員と国民の格差、日本から見れば、これらの国の格差は、天文学的数字ほどの格差が有ると思う。皮肉なことに、実態と言うか、事実は、社会主義的思想が生む特権階級の考え方が、格差を生んでいる。世界を見た時に、それが、嘘偽りのない実態ではなかろうか。

 学歴と収入は比例することが多いと言われる。そうかも知れない。結果的に、金持ちの家系はいつまでも金持ちだし、逆に貧乏人はいつまでも貧乏から抜け出せないと言うのも、言える話かも知れない。でも、これを論ずる人は、いつも思うのだが、忘れているんだよね、系譜に繋がるDNAの働きを。

 優秀な親からは、概して優秀な子が生まれる。環境も有るかも知れないが、DNAはより確実だ。人の場合、その差は、競馬の馬より確実かも知れない。東大を目指す受験生の系譜には、東大を卒業した親戚を持つことが多い。それは、年収950万円が原因なのか、それともDNAの方が、支配的なのか、それを論ずる事が出来るほど、大きな要素だと思う。

 現実問題、私大に通うより、東大に通う方が、親の経済的負担は少ないと言う。国立は安い、私立は高い。国立は優秀な子が行ける。無理をして出るのが私大。そんな世間の評価も有る事を知っているはずだ。そうした事を素直に出さず、社会が悪い、自民党が悪いと結論を導くのは左翼的社会主義思想と言う事だと思う。

 元々人にはDNAから生まれる脳力差が有るにも関わらず、左翼的社会主義思想がそれを認めず、平等は良い事だと必要以上に「平等」を振り回わす。そのくせ、心の中には、社会主義的思想が生む特権階級を絶対的な物にしたがる。分かりやすくあえて言うなれば、身分制度だ。例えば、共産党員であるとか。

 格差が、人が持つ能力に依存する事になれば、人々が様々である様に、格差は無くならない。それは、東大だけの話ではない。例えば、芸人の子は芸人になる傾向が強い。これをDNAの差と認めるならば、そこから生まれる経済的「格差」を少なくする事は出来る。

 運良く、優秀なDNAをもらい、人より収入が多い人は、社会に感謝し、社会に対して多くの負担をする。それを忘れなければ、それで良い。収入を決めるのは、左翼的社会主義思想に基づく階級と言う身分ではなく、経済的貢献だ。能力の有る者は、大きな経済的貢献が出来る。社会に対して多くの負担する事が出来る。そうした事は、本当の意味で、社会の正義だと言える。これが、なんでも平等と言う左翼的社会主義思想の「平等」ではなくて、正義と言う概念に基づく「平等」と言う事ではなかろうか。
posted by おやじ at 2018/04/26 06:52
コメント(0)  トラックバック(0)
 30件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog