Warning: include(C:\xampp\htdocs\web\blog\webapp\templates_c\%%2E^2E8^2E86CA3A%%incHtmlHeader.tpl.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in C:\xampp\htdocs\web\blog\lib\Smarty\Smarty.class.php on line 1871

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'C:\xampp\htdocs\web\blog\webapp/templates_c/\%%2E^2E8^2E86CA3A%%incHtmlHeader.tpl.php' for inclusion (include_path='C:\xampp\htdocs\web\blog\webapp/../lib/PEAR/;.;C:\xampp\php\PEAR') in C:\xampp\htdocs\web\blog\lib\Smarty\Smarty.class.php on line 1871
おはよう
おはようWebのブログ

Warning: include(C:\xampp\htdocs\web\blog\webapp\templates_c\%%CD^CD7^CD746F5D%%incSideBlockLeft.tpl.php) [function.include]: failed to open stream: Permission denied in C:\xampp\htdocs\web\blog\lib\Smarty\Smarty.class.php on line 1871

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'C:\xampp\htdocs\web\blog\webapp/templates_c/\%%CD^CD7^CD746F5D%%incSideBlockLeft.tpl.php' for inclusion (include_path='C:\xampp\htdocs\web\blog\webapp/../lib/PEAR/;.;C:\xampp\php\PEAR') in C:\xampp\htdocs\web\blog\lib\Smarty\Smarty.class.php on line 1871

2018年6月の記事一覧


 29件中1~5件表示  次のページ
 架空請求詐欺
 TBS NEWSには、『「アマゾン」かたる架空請求詐欺、消費者庁が注意呼びかけ』と題して、「アマゾン」などをかたる架空請求詐欺が相次いでいるとして、消費者庁が注意を呼びかけています。

 相談が相次いでいるのは「アマゾン」や「アマゾンジャパン」などをかたる架空請求です。消費者庁によりますと、「未払いの会員登録料や有料動画の料金を支払わなければ訴訟手続きをする」とショートメッセージを送り、記載された電話番号に連絡してきた人に対し「支払わないと訴訟になる」「今日中に支払えば後から返金される」などと告げ、執拗に金銭を支払わせようとするということです。とある。

 一つのメールアドレスを長く使っていると、いつの間にか、どこから漏れたのか分からぬが、架空請求のメールが届く。最近では、記事で言う「有料動画」の架空請求とか、「楽天」を語る請求とか、そんなのが来る。

 通販で物を買うと、メルマガはいらないとチェックを外しても、メルマガが送られてくる。そんな業者の関連からメールアドレスが漏れるのかも知れない。通販用のメールアドレスに、こうした架空請求は、送られて来るからだ。むろん、そんな業者では、怖くて、カード番号などは、使わない。

 身に覚えのない請求だから、リンクなどクリックなどせずに、削除ボタンを押す。だが、中には、そうした事に自信がない人も居るのだろう。リンクをクリックすれば、そこに仕込まれた情報を辿って、ネットの上では、その人が分かってしまう。そうした事が分かるから、リンクは決してクリックしない。

 だが、大切なお知らせも含まれているかも知れない。そんな時は、メールのリンクをクリックせずに、それとは別に、契約サイトのWebページを開き、お知らせを確認する。

 実は、こうした業者が使うテクニックは、別の使い方をすると、便利な事が有る。多くの会員を抱える会では、会員の意見や意思表示を確認する時に、便利だ。HTMLのメールを送り、クリックでその人本人からの返答だと確認する。だいたいの数字だが、50%位は、これで事が足りる。実に簡単で便利だ。メーラーによっては、HTML表示が出来ず、テキスト表示にしている人もいる。そんな場合でも、リンクは、相手の情報を送ってくれる。こうした事を合わせると、7割位かな、確認できる。

 こうした技術を悪用するのだから、ある意味、固定電話を使う詐欺よりも、打率が良いのかも知れない。
posted by おやじ at 2018/06/30 05:53
コメント(0)  トラックバック(0)

  トリチウム水
 読売新聞には、『処分が課題、トリチウム水を除去する新技術開発』と題して、放射性物質のトリチウム(三重水素)を含む水を除去する新技術を開発したと、近畿大学などの研究チームが発表した。東京電力福島第一原子力発電所では、汚染水から放射性物質を取り除いているが、トリチウムだけは除去できず、残った処理水(トリチウム水)の処分が課題となっている。研究チームは「トリチウム水の処分に貢献したい」と話している。とある。

 福島の原発事故で発生した放射性物質の処理で、分離が難しく大きな問題になっているのが、水。その中に含まれるトリチウムだ。その他の放射性物質は、中空繊維などのろ過技術で分離ろ過できると言われている。その為、残った水を海に捨てる事も出来ず、原子炉周辺には、おびただしい数の貯水タンクが並ぶ。

 その原因となっているトリチウムを除去できる技術が開発されたとなれば、放射性物質の処理は、大きく前進する。トリチウムを捕獲したフィルターの処理は、地下への埋蔵など、原子力利用に関しては、その辺の課題は、まだ残っている事になるが。

 話は変わるが、宇宙のチリから地球が生まれて、何億年も経過している。火星も同様だ。火星は、かつては、今の地球と同様に、大気も有り、水の惑星だったと言われている。その火星が、冷え、大気を失う。

 星が冷えると、内部のマントル対流が止まり、地磁気が消失する。すると、太陽風に晒された大気分子は、はじかれ、宇宙に散乱する。こうして、火星は大気を失い水を失ったとされる。

 一方、地球内部は、未だに高温の液体だ。マントルの対流が有るから、地磁気が生まれ、地球の大気は、太陽風から守られる。地球を未だに液体にしているのは、内部に存在する放射性物質が有るからだとされる。地球そのものが、生命をはぐくむ原子炉なのだ。

 放射性物質は、地球からの贈り物と考え、使った後は、地球に戻す。できれば、出来るだけ地球深くに戻す。それが正しい処理方法だと思う。批判して、騒いで、邪魔をする。そうではなくて、猿とは違い、物を考える人間ならは、一つ一つ解決策を探す。そう有るべきだろうね。
posted by おやじ at 2018/06/29 06:41
コメント(0)  トラックバック(0)

  ギブ&テイク
 毎日新聞には、『<米露首脳会談>第三国で開催合意 28日に日程や場所発表』と題して、プーチン露大統領は27日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とモスクワで約2時間会談した。インタファクス通信によると、ロシアのウシャコフ大統領補佐官は米露首脳会談を第三国で開くことで合意したと明らかにした。日程や場所は28日に発表する。トランプ氏が7月11日から欧州を訪れることから、フィンランドなどが開催地候補に挙がっている。とある。

 ロシアによるクリミア編入以後、冷戦終結後で最も冷え込んだ関係が続き、その後、政権とロシアとの不適切な関係をめぐる疑惑「ロシアゲート」が政治問題化した。トランプ政権にとっては、触らぬ神に祟り無しの状態だった。所が、ここに来て、米露首脳会談を第三国で開催合意とニュースが入った訳だ。

 別のニュースには、JIJI.COMには、『米、対中強硬策は見送り=外資規制を強化へ』と題するニュースも見られる。この2つは、関連するのではないか。勝手な想像かも知れないが、そう勘ぐざるを得ない。

 そもそもアメリカには、中国べったりな政治家が多い。日本のチャイナスクールみたいな存在だ。彼らは、中国関連の企業や利権で潤っている。中には、クリントンの様に、住所も名前も存在しないような中国人の寄付によって多額の金を直接もらっている政治家もいるようだ。

 先の大統領選挙では、トランプが自前の資金で大統領選挙を戦ったのに対して、クリントン候補は、選挙資金のほとんどをそうした中国人の寄付によって賄われたとされる。前の選挙でも、その選挙資金は、約43億8000万円と報告されている。さらに、これとは別に、政治資金団体「スーパーPAC(政治活動委員会)」は、5200万ドル(約54億3000万円)を用意しているとされる。膨大な資金がヒラリー陣営に流れた。それを寄付をした中国人の住居を実際に訪問すると、「リストにある住所と名前が一致しなかっただけでなく、一致した人物ですら寄付をした覚えばないと言った」とされる。ニューヨークタイムス記事とその記者の話だ。

 トランプ流取引を思い起こさせる。中国への締め付けを緩める代わりに、彼らが追及する「ロシアゲート」の記憶も、薄れる。そうした立派な方程式がそこには成り立ちそうな気がする。
posted by おやじ at 2018/06/28 07:18
コメント(0)  トラックバック(0)

  非核化協議
 ロイターには、『北朝鮮の非核化協議に期限設けず=ポンペオ米国務長官』と題して、米CNNによると、ポンペオ米国務長官は、北朝鮮の非核化を巡る協議に期限を設けない考えを示した。米国が北朝鮮に対し具体的な「要求事項」を盛り込んだ予定表を近く提示するとした米国防総省高官の発言と矛盾する格好となった。とある。

 何やっているのだ、アメリカは。そんな記事だ。ポンペオ米国務長官が北朝鮮のハニートラップに引っかかた訳でもあるまいし、わざわざ非核化に期限を設けないと語る。しかも、前日の米国防当局高官の話を打ち消す格好でだ。

 期限を設けないとは、在任期間の有る者が使う時、北朝鮮に対して、約束は、口だけで、言いっぱなしで良いと言っている事と同義語になる。なぜそんな事をわざわざ言う必要がある。その裏を掴めていないのが、猿の惑星の民主主義と言う事なのだろう。

 思い出せば、アメリカには、2つの選択枝が有った。その一つが、北朝鮮を核保有国として認める。国際社会に公にはしたくないが、アメリカが目先の負担を追わない方法を考えれば、これに尽きるとも言える。アメリカもまた、北朝鮮同様に、口先外交が得意と言う所を示したことになる。

 問題は、その副作用だが、一つは、日本の安全保障への危機だ。周りを核武装した反日国家に囲まれ、「海に沈めてやる」などの恫喝外交を受ける。恫喝を受けるなら、日本も戦争抑止力を持たねばならぬと思えば、日本に巣食う反日日本人が騒ぐ。そんな騒ぎに付和雷同するバカが、改憲反対、憲法を守れと騒ぐ。不戦憲法を平和憲法だと信じる。こいつらは、根っこがバカなんだろうね。

 2つ目の副作用は、核拡散だ。その時、トランプ政権は、終わって、誰か別の人が大統領だ。核拡散がもたらす危険は、どこかで誰かが使うかも知れないと言う現実的な危機が生まれると言う事だ。それも、一つとは限定できない。その時、後世の人が、ポンペイオ氏の無責任な発言として非難しても、何の意味をなさない。つまり、猿の惑星の民主主義とは、そうした事は忘れて、目先の話題に付和雷同する。それを残念なことだが、今の民主主義と言うらしい。

 これから、何がどう展開するのか。政権内部で、どんな力学が働き、どこへ向かうのか。日本は、他力本願の安全保障を考え直す時期に来ているのではなかろうか。
posted by おやじ at 2018/06/27 06:30
コメント(0)  トラックバック(0)

  詳細な要求
 JIJI.COMには、『北朝鮮に近く要求提示か=非核化で本気度探る―米』と題して、米国防当局高官は24日、ロイター通信など一部メディアに対し、米政府が近く北朝鮮に、米朝首脳会談を踏まえた「詳細な要求」を履行時期と共に提示すると明らかにした。

 内容には言及しなかったが、北朝鮮が約束した「完全な非核化」に向け、米側が求める具体的事項を示すとみられる。

 同高官は「彼ら(北朝鮮)が誠意をもって事に当たるか否か、もうすぐ分かる」とも指摘。首脳会談後に公表した米朝共同声明の履行に北朝鮮がどこまで真剣に取り組むつもりか、要求への対応をみて判断する考えを示した。とある。

 トランプ大統領が、ダメでも、米国防当局高官達は、それなりのレベルと考えて良さそうだ。北朝鮮に、非核化に向けたロードマップを出すように求めたのだろう。むろん、期日付きだ。

 北朝鮮の回答に、まるで非核化を反故にするような返答はないはずだ。だが、そもそも核を放棄する気が無い北朝鮮の回答には、時間稼ぎの内容が見られるはずだ。例えば、憲法の改正が必要だとか。それには、3分の2の賛成が必要だとか。

 共産主義国家や独裁国家においては、憲法などと言う物は単なる飾りに過ぎない。法律より、権力者の言葉が重きを持つ人治国家だからだ。人民大会議と銘打って、3000人集めようが、権力者が言う事に対して、反対者は出ない。反対すれば、明日の命は保証されないからだ。それが、共産主義国家であり、独裁国家だ。憲法改正など、いつでも可能なのが、共産主義国家だ。有るとすれば、見え透いたそんな事を言い訳にして、時間稼ぎをする。

 相手が、日本ならば、反日日本人や、野党が真っ先に理解を示し、北朝鮮の主張に寄り添うだろう。だが、アメリカの米国防当局高官達は、当然にしてそうした事も想定の範囲内だろう。その時、トランプ大統領を上にして、どんな手を打つ事が出来るのだろうか。そこが、日本とは違うアメリカが抱える民主主義の問題なのかも知れない。
posted by おやじ at 2018/06/26 06:08
コメント(0)  トラックバック(0)
 29件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog