おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


その他の記事一覧


 13件中1~5件表示  次のページ
  香港の「私了」
 産経新聞には、『香港で「私了」が横行 中国本土留学生ら脱出』と題して、香港政府や中国共産党への抗議活動が続く香港で、反政府デモを批判したり、親中派や中国本土出身者とみなされたりした人物への暴力が相次いでいる。出張中の日本人男性がデモ隊に暴行されたのもこのケースで、深まる香港社会の分断が背景にある。中国人留学生たちも香港を脱出し始めた。

 在香港の日本総領事館などによると、50代の日本人男性が11日、繁華街でデモ隊の写真を撮っていたところ、突然、若者に暴行された。この日本人は短髪で、中国人に間違えられた可能性が高い。デモ参加者は、身元を特定するためデモ隊を撮影する中国の公安関係者らを警戒している。とある。

 記事には、「私了」とは、問題が生じたとき、警察に通報せず自分で解決する」といった意味だ。デモが本格化してからは「私刑」に近い意味で使われている。ともある。

 深刻で、簡単に収まりそうにない様子だ。誰でもが考えることだが、気になるのは、こうした状況に、中国はどう出るのか。共産党は、決してあきらめない。決して、自由な民主主義を認めない。毛沢東の言葉でないが、「政権は、銃口から作られる。」に従えば、共産党にとって、暴力は、単なる手段でしかない。中国の自治区といわれる地域では、実際にそうだった。この状況が収まらなければ、何人であろうと、香港の人を殺すだろう。今しないのは、国際社会が注目しているからに他ならない。それがいつになるのか。

 国際社内の関心が薄れるとき、中国の力による鎮圧が始まるのだろう。その銃口で、香港の騒ぎが収まれば、次はどこだ。いつかは、そうした中国の派遣が、日本にも迫る可能性は、否定できない。沖縄が最初になるのか、立憲民主党の地盤とされる北海道がそうなるのか、或いはまた、「中国核は、暖かい」などと言った日本共産党の手引きで日本全体がそうなって行くのか、ノー天気の日本人には、関心すら無いかも知れない。「報道」などの腕章もつけず、デモ隊を写真撮影する。今の日本人を代表する姿かもしれない。香港の人の切実な訴えすらも、観光旅行のついでの見世物にしか映らない日本人にとって、「備える」などと言う事は、笑いごとと映るかもしれない。
posted by おやじ at 2019/11/15 10:36
コメント(0)  トラックバック(0)

  フッ化水素
 毎日新聞には、『イラン・ウラン濃縮5% 合意違反拡大 新措置を警告 欧州に支援要求』と題して、イランは7日、国内に貯蔵する低濃縮ウランを2015年に主要6カ国(米英仏独露中)と結んだ核合意で定める濃縮度3・67%を超えて、当面は5%前後まで濃縮すると発表した。1日には低濃縮ウラン貯蔵量の上限300キロ(六フッ化ウラン換算)超えも認めており、合意違反がさらに拡大することになる。とある。

 韓国が不正輸出したとされるフッ化水素が、ここイランで原爆の材料である六フッ化ウランになったと言うニュースでもある。

 フッ化水素は、その性質上、長期保存が出来るものではない。そりゃー、そんな材料が手に入れば、このチャンスを逃したくはない。主要6カ国(米英仏独露中)と結んだ核合意で定める濃縮度3・67%を超えて、5%前後まで濃縮したくもなる。それを考えると、韓国がやった行為は、北朝鮮と並んで、国際社会から見れば、非常に罪は重い。

 これに対して、各社マスコミは、その立ち位置で、真実に蓋をして、報道しない自由を行使している様だ。韓国のマスコミには、北朝鮮と同様に、そもそも自由などと言う物は無いようだ。なぜホワイト国から外されたのか、そうした日本の主張を伝えていない。

 同様に、テレビのTBSの解説番組を筆頭に、毎日新聞の記者などは、自由貿易を推奨していた安倍政権はと来る、ホワイト国指定解除とは何だと批判する。真実を伝えてくれるだろうと期待する国民から見れば、真実は報道しない自由で隠され、記者のイデオロギーに基づく政治批判の記事に入れ替わる。
posted by おやじ at 2019/07/08 07:19
コメント(0)  トラックバック(0)

月面を目指す
 読売新聞には、『日本、月面の有人探査目指す…米基地計画に参加』と題して、政府は、米国と協力して月面の有人探査を目指す方針を固めた。

 米国が2020年代後半に建設を計画している月軌道上の宇宙基地に参加し、日本人飛行士の月面探査を実現したい考えだ。宇宙政策を議論する政府の専門家会合で近く、こうした方針をまとめた報告書案を示す。

 日本にとって、国際宇宙探査に参加することは、科学的な成果を得られるだけでなく、宇宙産業の競争力強化や、宇宙利用分野での主導権確保につながる。とある。

 日本独自で目指すのではなく、参加すると言う事なのか。1969年の月面着陸から、47年経過している。その間、国際宇宙ステーションと言う形で、参加してきたが、その計画が、定かでなくなった様だ。代わりにNASAが打ち出した計画に参加する形で、月面探査を目指す事になるのだろう。

 テレビなどでは、火星への有人飛行を実現するには、どんな問題が有るのか、番組が組まれたが、地球からいきなり火星は、難しそうだ。それを考えるなら、月面に有人基地を作る方が簡単そうだ。

 但し、岩石で出来た月には、大した資源が無いので、何を見返りとして計画を持つべきか、科学者が何かを考えなければ、進まないのだろう。
posted by おやじ at 2017/11/27 07:16
コメント(0)  トラックバック(0)

  制裁決議案
 TBSには、『中朝国境の街で「石油の密輸」横行、軍も黙認か』と題して、北朝鮮の核実験を巡る国連安保理の新たな制裁決議案では「石油の禁輸」が焦点となっていますが、中朝国境の街では「石油の密輸」も横行しているようです。

 中朝国境の川から6キロ離れた中国の農村に、石油の備蓄施設があります。この石油は、北朝鮮に供給されているとみられています。

 「(北朝鮮に)地下のパイプラインを使って送っています。30〜40年前に私も掘りましたよ」(石油備蓄施設の周辺住民)

 石油の大半を中国から輸入する北朝鮮にとって、追加制裁で「禁輸」が決まれば影響は甚大ですが、「密輸」も横行しているといいます。石油の密輸は、遊覧ボートを使って行われているということです。国境の川を上流に進むと北朝鮮の市民や兵士の姿も。密輸はどのように行われるのでしょうか。

 「密輸は長年国境でやっている。ドラム缶に入れて運ぶ。無料で送るときもあるし、羊や漢方薬などと交換することもある」(中朝貿易に詳しい地元関係者)

 国境の川は800キロ近くあり、密輸の取り締まりは容易ではないといいます。さらに・・・

 「中国と北朝鮮は関係が出来ているので、軍も黙認している。本気で北朝鮮に制裁を加えるなら、中朝国境を結ぶ橋を封鎖しないと」(中朝貿易に詳しい地元関係者)

 北朝鮮の後ろ盾として経済を下支えしてきた中国が、どのように圧力をかけていくのか注目されます。とある。

 11日と言えば、国連の制裁が、どの様な形で出るのか、注目すべき日でもある。予想では、中国も、ロシアも制裁には反対しないが、その中身は、効力の無い制裁となる。そんな予想だ。

 また、一方で、もしかしたら、突っ込んだ制裁も出るやも知れない。国連決議の前に、アメリカは中国の説得に走り、日本は、ロシアの説得に走り、両者の分断を狙ったとされる。そんな事が功を奏して、有り得るかも知れないと言う淡い期待が有る。

 実効性のある制裁とは、石油とされる。だが、記事では、例えパイプラインを止めても、密輸が横行し、石油は、中国から北朝鮮に流れる。早くも、効果に疑問符が点灯している事になる。記事では、パイプラインと同時に橋を閉鎖しなければ制裁にならないと言っている訳だ。

 また、北朝鮮は、石油の備蓄に余念がない。別番組で解説者が言っていたが、備蓄は、1年以上の量に相当すると言う。

 そうした事は、中国政府も熟知しているはずだ。中国は、国際社会の非難をかわす必要性も感じているはずだが、本気で制裁に加わる積りもない。口で言って、実効性のない制裁となれば、パイプラインの量を制限する。そんな事に同意するかも知れない。代わりに、石油のトラック輸送が増えるだけだが。大方そんな所だろう。騙す中国、騙される方が悪いと考える中国の本当の姿がそこに有る。
posted by おやじ at 2017/09/11 07:33
コメント(0)  トラックバック(0)

 ドローン市場
 日刊工業新聞電子版には、『「農業」「点検・検査」「空撮」「搬送」 ドローン市場はどこから弾けるか』と題して、2020年度に1138億円、“空飛ぶロボット”が産業を大きく変える

 ドローン(飛行ロボット)の産業分野での活用が広がっている。農薬散布や空撮といった広大な空間での利用が先行していたが、建築や土木分野での検査という新たな用途の開拓も進む。構造物に近接した状況での空中停止や障害物回避といった従来では困難な動作が、周囲の状況を認識したり、機体を制御したりする関連技術の向上で実現のめどがつき、市場の裾野を拡大しつつある。技術の進歩で新境地へ飛び立つドローンの現状を追った。とある。

 確かに、建物のひび割れ検査など、現状では、足場を組み、人間が目で確認をする。時間も、コストも掛かる。それに比べれば、格段に便利だ。それに必要な、位置の認識が、GPSばかりでなく、レーザーを利用し、自分の位置を知るシステムとか、関連技術も充実している。

 利用が進むのは、産業界ばかりでなく、軍需でも応用は進むのだろう。地上戦も変わるかも知れない。偵察のために兵士を送らず、ドローンを送る。必要なら、武器を携行させ、応戦もする。戦闘機が、ステルス化された様に、軍事利用されれば、ドローンも無音化されるなど、技術開発が進むのではなかろうか。

 ドローンの無音化で、ふと考えた。通常なら、プロペラをトンボの羽に似せ、無音化を図るなど、そう言った方向で研究が進むのだろう。それとは別に、フレミングの左手の法則が直接利用できないか、考えた。高圧電気を使って、空気をイオン化する事は、難しくない。高圧電気を針金の様なとんがった物に流せば、周囲がイオン化される。イオン化された空気は電気を通す。となれば、強力な磁力に挟まれた場所に、それとは直角に電流を流すことができる。フレミングの左手の法則に従い空気が、流れ出すはずだ。推進力が、十分なのかは分からぬが、おそらく、無音化できるのではなかろうか。たぶん、推力が不足で、飛べないか。

 話は飛ぶが、夏になると、鉢植えの水やりが、面倒になる。簡単な方法は無いかと思うが、自動給水器は、結構高価だ。そこで、イオン化の必要ない水を、フレミングの左手の法則よろしく、ホースを細工して、簡単なポンプを作れないか、考えてみた。強力な磁石は、100円ショップで手に入るし、ホースに電極を付けるのは、針を刺せばよい。これなら、細いチューブでバケツの水をくみ上げるなど、使えるかも知れない。簡単そうなので、さっそく実験をしてみたいね。
posted by おやじ at 2016/08/22 07:05
コメント(0)  トラックバック(0)
 13件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog