おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2012年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2012年1月10日の記事一覧


 素人外交
 民主党の中井洽・元拉致問題担当大臣が中国を訪問し、北朝鮮側と極秘に接触したことがわかりました。中井元拉致問題担当大臣は去年7月にも中国・長春で、北朝鮮のソン・イルホ日朝国交正常化交渉担当大使と極秘会談をしていますが、キム・ジョンイル総書記が死去したあとの北朝鮮側との接触は今回が初めて。とニュースに有る。

 拉致問題を解決し、良いカッコしたい意欲は分かるが、中井洽・元拉致問題担当大臣は、政治家としてみれば、素人か。北朝鮮側は既に死亡していると言い、日本側は、生きていると不信を抱いている。真実は分からない。被害者親族は、北朝鮮のメッセージを信用できないと思っている。それをベースに考えると、北朝鮮に何を言わせても、何の調査をさせても、その見返りに北朝鮮に幾ら払おうと、解決するわけが無いだろう。税金の無駄使いだ。

 まず始めなければならないことは、被害者親族の信頼を得られる調査とは、どんな調査なのか、具体的に親族と詰める事だ。北朝鮮に金を払うことではない。それが、日本の全権を持った調査団の受け入れとか、被害者親族を含めた調査団が、北朝鮮全土を調査できる権限とか、これなら、納得できる方法の模索だ。

 交渉は、それの実現とするべきだ。間違っても、再調査を約束させた。金を支払った。遺骨は嘘でした。また、再調査を約束させた。金を支払った。遺骨は嘘でした。今度で、何度目だ。大体、北朝鮮に調査能力があるのか、疑問だ。人が死んでも分からないのでは、人口統計すら出来ていないのが現状ではないか。北朝鮮の調査の何を信じるのだ。

 中井洽・元拉致問題担当大臣と言えば、「飛行機を爆破した北朝鮮の元スパイが日本で歓待」と非常識で海外では有名な大臣だ。言えば、幾らでも金が出る女に弱い大臣としての評価らしい。問題を解決するのが政治、解決の目処も無いのにパーフォマンスだけのバカな無駄使いは、止めてくれ。

菅首相への告発状受理
地上の楽園(北送船)

posted by おやじ at 2012/01/10 07:30
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog