おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2012年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2012年1月22日の記事一覧


 堕官公務員
 ニュースによると、労働者が不正行為を内部告発する公益通報制度で、食品の適正表示を規定したJAS法違反を疑う通報が制度開始の06年度から5年間で国や都道府県に計63件寄せられながら、違反事業者名が公表される「改善指示」には1件もつながっていないことが分かった。JAS法は99年の改正で生鮮食品の原産地表示を義務づけ、ちょうど10年前に発覚した雪印食品(02年4月に解散)の食肉偽装事件などを受けて迅速な業者名の公表や罰則強化が図られた。事業者の営業範囲が単一の都道府県なら当該の都道府県、複数にまたがれば農林水産省と消費者庁が原則として対応。違反事業者名を公表する「改善指示」や、これより軽微な「指導」などの措置を取る。とある。

 要は、一言で言えば、「堕官」(だらかん)だ。公務員の何もしない、ただ、予算を食うだけが表面化しただけ。問題は、公務員の誰が、やらなかったのか、名前を明らかにし、その人間の処遇を明確にすべきだ。身分保障など、とんでもない。ぐうたら公務員に税金で高給、59.28ヶ月の退職金、3階建て年金を準備する必要は無い。ましてや、野田政権が財務省のロボットとなり進める、消費税増税などもっての外だ。

 「その前に、やるべき事があるだろう」。まさに、名言だ。

独立行政法人、公益法人
官僚の無策が汚染を広げる
堕官(だらかん)警察

posted by おやじ at 2012/01/22 07:28
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog