おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2012年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2012年11月19日の記事一覧


 中国の腐敗
 共産党など、独裁体制に腐敗は、付き物。中国も例外ではない。時事通信には、『習氏の元勤務地で1万人暴動=警察車両破壊、20人負傷か―背後に腐敗・中国福建省』と、中国福建省寧徳市福安で17日夜、5人が負傷した交通事故をきっかけに公安当局などへの不満を高める住民によって警察車両が次々と破壊される暴動が起こった。香港の人権団体・中国人権民主化運動情報センターによると、約1万人の住民が警官隊と衝突し、20人以上が負傷したという。
 この暴動に関し、現場から発信された微博には「政府の腐敗がある」との書き込みがあり、背景には当局への住民の不満があるとみられる。また同センターによれば、公安局が5万元(約65万円)前後を受け取り、偽ナンバープレートを売るケースがあるとされ、住民は事故を起こした車が偽ナンバーだと疑い、警察の腐敗行為に怒りを強め、公安局前にも抗議に押し寄せたという。
  習総書記は就任直後の記者会見で幹部の腐敗を「厳しい挑戦」と表明したが、全国で抗議活動・暴動が年間10万件以上も起こる中、民衆の不満をどう抑えるかが最大の課題になりそうだ。そんな記事だ。

 共産党では、権力者自身が自ら腐敗に手を染めるのは、下っ端。大物は、その息子に会社を運営させ、権力を使ってそれを応援する。中国の石油メジャーがその例でもある。共産党が支配する法律では、合法的だ。今回の市民の不満は、その下っ端の腐敗を問題にした騒動のようだ。

 国民の関心をある程度そらす目的で、反日教育を強化し、矛先を腐敗警察から、反日活動へ切り替える施策が強化されるのだろう。そんな目的で、反日教育を設ける中国。当面は、仲良くしない方が良いのではないか。

 上層部にしてみれば、本気で腐敗をなくせば、今度は、その矛先は、自分たちに向くかも知れない。甘い汁を吸う自分たちは、適当な頻度で、下っ端の腐敗が暴露され、ガス抜きがされた方が良い。反日もその一つでしかない。それが、共産党と言う政治だ。

 日本で活動するチャイナスクールの政治家や官僚、彼らは、何を目的に活動しているのか。中には、日本のために架け橋となろうとする奇特な人もいるだろう。だが、大方は、中国のそうした思想に洗脳された協力者と見えなくも無い。自分たちも、そうした中国に憧れてのチャイナスクールの政治家や官僚だ。

 そうでないなら、尖閣諸島は、日本固有の領土だ。中国は、けしからんと中国に物申すチャイナスクールの政治家が居るはずだが、誰かいたか? 居ないではないか。

 次の選挙では、日本がそんな国にならぬよう、確実に落選させねば、国際関係も良くならない。

posted by おやじ at 2012/11/19 07:41
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog