おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2012年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2012年11月30日の記事一覧


 売国媚中派
 何故か、TVのニュースにもならないらしい。だが、ニュース詳細には、『中国の茶葉から基準超える農薬成分』と題して、高知市に本社がある茶の製造会社「小谷穀粉」が中国から輸入したウーロン茶の茶葉から、法律の基準を上回る農薬の成分が検出され、会社では、この茶葉を使ったおよそ300万個の商品の自主回収を始めました。
自主回収の対象となっているのは、高知市に本社のある「小谷穀粉」が製造したティーバッグ式のウーロン茶の商品30種類です。
この会社が今月上旬に行った検査で、中国から輸入した黒ウーロン茶の茶葉から、食品衛生法の基準を上回る2種類の農薬の成分が検出されました。とある。

 たまたま見つかった氷山の一角と見るべきだ。中国産の食品には、中国人のモラルの低さや、反日教育の結果として、問題を持ったものがある。いつかの毒餃子もしかりである。しかし、それも2030年には、食料が不足する事態をまぬけば、日本に輸出するどころではなくなるだろう。

 元民主党の山田農水大臣を筆頭に、TPP反対派は、中国との食品のFTAを進めた。国民を犠牲にして既得権益を守るためにだ。TPPは、早期に交渉に望み自国に都合の良い条件つくりをしないと、不利になる。屁理屈をコネ、やれ反対だを唱え、日本を貿易圏の外に置くことは、時代錯誤の鎖国でもする気か。さなくば、ほとんど売国奴の媚中派か嫌米派だ。

 TPPの締結条件は、大いに語るべし。それを可能にするのは、早期交渉に臨む事だ。もっとも最悪は、交渉参加に遅れ、条件が各国の都合で出来上がった後に、鎖国を避けるためにやむなく参加を表明することだ。現実は、TPP反対を唱える反対派によって、最悪の事態を選択せざるを得ない方向に進んでいる。

 鎖国では、日本は生きてゆけない。外国の都合を飲まざるを得ない事態も日本のためにならない。媚中派も嫌米派も、これでは売国奴となんら変わらない。選挙では、TPP反対を唱える政党は、落選させねばならない。

posted by おやじ at 2012/11/30 07:22
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog