おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2013年7月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2013年7月15日の記事一覧


 地熱発電
 産経新聞だ。『地熱発電推進…地元反発根強く 再生可能エネルギーの模索続く』と題して、原発再稼働と並行して、国内では再生可能エネルギーの模索が続く。だが、決して平坦な道ではない。とある。

 記事は、宿主は担当者に誠意は感じた。それでも「代々受け継がれてきた温泉にどんな負荷がかかるか。一度スタートしてからでは遅い」との思いは変わらない。参院選公示後は「再生可能エネルギーへの転換」を訴える選挙カーが近くにも来た。「政治家はダメなら代わればいいが、われわれにとって温泉に代わるものはない」ともある。

 原発の再稼働もダメ。太陽光発電など自然エネルギーの開発は、進まない。その一つが、地熱発電だ。

 私有は無限ではない。土地を持っていれば、それは地球の芯まで所有している事ではない。民家の地下でも地下鉄は、敷設される。それが、公共と私有を分ける法律だ。だが、どうやら温泉は、例外なのか、私有が、公共を上回る。

 そもそも専門家に言われると、地熱発電で使用する岩盤は、1000m以上深いと所で、100度を超える蒸気でタービンを回す。温泉は、もっと地表に近く、100度以下だ。熱の場所が違うと言う。影響も軽微だと言う。

 公共の為に必要となる法整備を進めて欲しい。それから原発再稼働は、如何な物かと云々して欲しいが、野党を中心に、無責任政治公約が、まかり通るのも、日本の特徴らしい。

posted by おやじ at 2013/07/15 07:13
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog