おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年2月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年2月15日の記事一覧


 景気の後退?
 J-CASTニュースには、『日本の景気はもう「下り坂」? 消費増税、本当に大丈夫なのか』と題して、  2014年4月の消費税率の引き上げを前に、日本の景気はすでに「下り坂」ではないのか——。

   国際収支や企業の設備投資の先行きをみる機械受注、生活実感としての景況感を調査する景気ウオッチャー調査(街角景気)などの経済指標をみても、景気の先行きを懸念するものばかりだ。とある。

 記事は、さらに、  2013年の国際収支状況(速報)によると、経常収支の黒字は前年比31.5%減の3兆3061億円で、黒字額は比較可能な1985年以降で最も少なかった。原因は過去最大、10兆6399億円もの貿易赤字。円安を背景に原油などの燃料コストが高止まりしていることに加えて、日本企業の現地生産が進んだことや中国など新興国の製品との競争が激しくなったことで、輸出数量が伸び悩んでいる。ともある。

 円安になれば、輸出が伸びるとされたが、実態は、最大の貿易赤字。原発の停止が、日本を破綻へと誘う。

 日本は、GDP540兆円の国が、一般会計と特別会計を合わせて、290兆円を官僚が使う税金大国だ。今までは、市中に流通する80兆円の貨幣に対し、毎年40兆円を超える赤字国債を発行する物だから、官による円高が20年間も継続した。

 そこでアベノミクスで、金融緩和をして、市中を流通する円を増加させたまでは良いが、無駄使いの官僚機構は何ら変わって居ない。

 失われた20年間に、独立行政法人と公益法人は、30000社に増え、日本の寄生虫となっている。その寄生虫が求める消費税増税は、日本の景気を悪化させる。

 30000社が持つ既得権益にメスを入れずして、1本、2本と矢を放っても、肝心の3本目の矢が打てずにいる。その結果が、景気の失速となる。

 何もしない公務員、何もできない公務員。中には、例外が居るが、それはあくまで例外だ。多くの公務員は、役に立って居ない。この国の官僚機構を鍛えなおさねば、日本の回復は有りえない。消費税を増税すれば、景気は後退する。復興目的で復興増税を導入しても、復興は進まず、その税金は、どこに消えた。消費税増税も、同じように消えるぞ。
posted by おやじ at 2014/02/15 07:33
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog