おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年2月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年2月17日の記事一覧


 中国人移民
 NEWSポストセブンには、『カナダへの中国人移民申請が殺到 国内で厳格化を求む声多数』と題して、 中国の富裕層約13万人が2009年から2013年の5年間で、駐香港カナダ総領事館を通してカナダへの移民申請を行なっていたことが分かった。中国人申請者のあまりの多さに、同国内で移民の厳格化を求める声が高まり、新しい移民政策案が2月8日、カナダ議会に提出されたほどだ。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 カナダは投資することで長期滞在許可が得られる投資移民の枠があるが、中国人富裕層の人気が高く、北京など中国大陸内の大使館などではなく、香港の総領事館に申請が殺到。

 2009年から5年間の移民申請者13万人は全体の申請者数の86%を占める。同総領事館では2012年には中国人の移民申請が多すぎるとして一時、受付を中止する措置をとったほどだ。とある。

 記事は、さらに、 一昔前は共産党といえば、プロレタリアート(労働者階級)の代表といわれていたが、今は昔で、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)の発表によると、2万2000人の中国人および香港人がカリブ海諸国のタックスヘブン(租税回避地)の企業や信託会社を設立して、莫大な資産をため込んでいることが分かっている。

 中国では個人が海外に持ち出せる資金は5000ドルと決まっており、これらのタックスヘブン利用者は党幹部などの特権階級とみられる。このICIJの報告により、党や政府幹部など特権階級が中国を逃げ出し、資産を持ち逃げしている実態がさらけ出されたことになる。ともある。

 共産主義国家の中国では、0.4%の幹部が、国の富の70%を所有する。その彼らが、貯め込んだ資産を使って、自国を捨て、海外逃避へと向かわせる。共産党と言う仕組みは、幹部でもパラダイスとはいかない様だ。そこの理解が難しい。

 共産党と言えば、憲法の上に党を置く仕組みだ。共産党が唯一、他の党の存在すら認めない。幹部の言葉は、法の上を行く。法治国家ではなく人治国家と言われる所以だ。その幹部が、思う存分に蓄財を果たす。習主席が5兆円。前首相だった温家宝氏も2000億円程度の蓄財。収賄や横領の罪に問われている薄熙来(はく・きらい)被告が、5000億円と言われる。下っ端だって、その額は並みでない。

 こうした蓄財は、海外に持ち出される。蓄財は、収賄や横領でなせる額ではない。薄熙来被告の5000億円を例に考えてみよう。彼が、権力の座に有った10年で蓄財したとしよう。1年で500億円。一日欠かさず2億円だ。権力を利用した口利きで賄賂を取ったとしよう。菓子折りに100万円を受け取っても、毎日2億円は、物理的に不可能だ。

 それを可能にするシステムは、共産党の法以上の権力が無ければ、実現しない。例えば、国民の家屋を取り上げ、そこは俺の物だとする事だ。文句を言う国民は、牢屋にぶち込む。そんな特権を持つ共産党幹部が、国を捨て海外に逃避する。そこが分からない。

 もっとも、薄熙来が、被告として裁かれるのは、上ににらまれての事。上が、あいつは怪しからんとなれば、失脚し、牢屋にぶち込まれる政治体制。それでは、逃げ出したくもなるか。
posted by おやじ at 2014/02/17 07:49
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog