おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年2月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年2月19日の記事一覧


 集団的自衛権
 産経新聞には、『集団的自衛権行使容認、「今国会の結論は困難」と公明代表』と題して、公明党の山口那津男代表は18日の記者会見で、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認問題に関する与党協議について「憲法レベルの問題だから、しっかり議論し、合意をつくる努力をする」と述べた。ただ合意時期に関しては「今国会で何らかの結論を出すのは簡単ではない」と指摘した。

 これに先立ち、同党の井上義久幹事長は18日、都内で講演し、集団的自衛権の行使容認問題に関して「真正面から否定しているわけではない」と語り、与党協議に応じる姿勢を示した。とある。

 公明党が、集団的自衛権に関して、難色を示している。公明党の山口代表と言えば、わざわざ中国に出かけ、尖閣棚上げ論をぶち上げた御仁だ。中国大好き人間が、中国をおもんばかって、集団的自衛権に難色を示す。

 中国は、経済成長率より高い、2ケタ増で軍事費を増大させている。その総額が、アメリカを超えるのに、10年を待たない所まで、近づいた。無論、現時点で、日本の防衛費を抜いている。

 中華思想の覇権主義が説く所は、世界は、中国の物だと言う事。その証拠に、中国と陸上の国境を接する16の国に侵攻し、中国の自治区とした。さらに、海上では、南沙諸島、西沙諸島にも海軍を派遣し、今では侵略を確定的にしている。その中国が、日本に対しては、尖閣の領海を侵犯し、沖縄まで中国の物だと、ふざけた暴論を吐いているのは、朝日新聞が取り上げなくても、国民の知るところだ。

 中国の脅威から、日本の平和を守るには、日本だけの一国で出来る話ではない。中国を慮る日本に巣食う売国奴でもない限り、国際法で認められている集団的自衛権は、必要と考えられる。反対する者がいるとすれば、チャイナスクールの中国の廻し者か、売国奴か、彼らが発するプロパガンダに触発されたタダのバカか、そんな所だ。

 自民党は、そろそろ公明党と路線の違いを明確にして、日本の安全保障の為、連立解消を考える時期に来ているのではないか。
posted by おやじ at 2014/02/19 07:16
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog