おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年2月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年2月26日の記事一覧


 また、冤罪
 産経新聞には、『冤罪で14カ月勾留、男性は全てを失った…「真実の告白」に耳を傾けなかった検察』と題して、きっかけは自転車の“拝借”。暴行事件をでっち上げられた末に1年2カ月の勾留。そして、「無罪」で取り戻したはずの日常からは「家」が消えていた。現実に起きたこととは思えない、こんな事態に巻き込まれた人がいる。顔見知りの男性を殴るなどしたとして暴行罪に問われ、2月3日、大阪地裁岸和田支部の無罪判決が確定した岩本晋太郎さん(63)=仮名=だ。奇妙な展開を経て事件の「真相」は明らかにされたが、公判を終えた岩本さんが向かうことになったのは、生活保護の申請窓口だった。とある。

 また、冤罪か。今のダラ官警察と揶揄される官僚警察は、証拠に頼らず、自白に頼る。冤罪を甘んじて受け入れれば、官僚警察の手柄となり、冤罪を仕立てられた人は、あたかも交通違反の罰金感覚で金を払えば、済むんだよと、諭される。だが、そもそも身に覚えのない冤罪、話を聞いてくれと訴えても、官僚機構の警察は動かない。そんな事が、また起きたのか。

 記事を読み進めると、始まりは、通院患者だった岩本さんが、歩いて10分ほどの自宅まで往復する際、病院の駐輪場にとめてあった自転車を使用したことだった。

 他の通院患者の男性から警察に通報があり、岩本さんは大阪府警岸和田署から事情聴取を受けた。

 起訴状や検察側の冒頭陳述などによると、岩本さんは通報されたことを逆恨みし、現場での実況見分を終えた後で付近の喫煙所にいた顔見知り男性に「おまえ、電話かけたやろ」と接近。男性のあごを拳で殴った、とされた。男性はすぐに110番し、喫煙所にいた2人の目撃者も岩本さんの犯行を認めたことから、岸和田署は傷害容疑で岩本さんを逮捕した。と続く。

 所が、犯行の目撃者の1人である男性が、証人尋問で「事件はでっち上げだった」と、突如これまでの証言を翻したのだ。

 この男性は、岩本さんと被害男性が口論になった際に「実際に暴行したのは男性の方だった」と説明。岩本さんが被害男性から逃げて現場を離れた後、「『民事訴訟を起こして賠償金を取ろう』と持ちかけられ、もう一人の目撃者と3人で口裏を合わせた」と振り返った。とある。

 逮捕すべき相手が違う。暴行の被害者を逮捕した事になる。被害者と加害者を間違えているんだな。これでは、殺人事件で死体を加害者として逮捕するような、ドジと変わらない。もっとも、死体は、自白に持ち込もうとしても、黙して語らないだろうけどね。それ位は、官僚機構の警察でも分かるかな。

 で、1年半近く突然自由を奪われている間に、自宅は競売に掛けられ、無くなっていたと言う事だ。警察の官僚さんは、民間企業平均を遥かに上回る公務員給与、3階建ての共済年金、59.28ヶ月の退職金。それに身分保障。 全く良い御身分だね。この悲劇の真の被害者は誰で、その加害者は誰か、ダラ官警察には自覚は有るのかね、責任を持つ担当者から話を聞きたいね。
posted by おやじ at 2014/02/26 06:25
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog