おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年2月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年2月28日の記事一覧


 ビットコイン
 産経新聞には、『説明求め利用者ら抗議も「移転した」? 渋谷のビットコイン取引所「マウントゴックス」取引停止』と題して、インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」の世界有数の取引仲介会社「マウントゴックス」(東京渋谷区)。ウェブサイト上で取引を当面停止すると発表した26日、同社が入居するオフィスビルには、利用者が抗議に訪れる事態となった。

 「仮想通貨は急速に世界中に広がっている。各国の政情の影響も受けにくく信頼できるから預けていたのにこれでは本末転倒だ」

 東京都港区の男性会社員(31)は同日夕、オフィスビルを訪ねたが、受付で「移転した」と告げられた。移転先や連絡先などはおしえてもらえなかったといい、「預けているのは日本円で30万円程度だが、生活も楽ではない。取り戻さなければければ」と焦りをにじませた。

 なかには海外から説明を求め来日したという人も。
 「私たちのお金はどこ」と英語で書かれた紙を手に、オフィスビル前の路上に座り込みを続けたのは、ロンドン在住のスコットランド人で投資家のコリン・バージスさん(40)。コリンさんは「2?3週間前の価値で約26万ドル相当のビットコインを所有していた。すっかりどこかに消えてしまった」と話す。

 一部の取引が停止した約2週間前に来日した。毎日午前10時ごろから夜まで路上に立ち説明を求めているが「責任者から無視され、『警察を呼ぶぞ』と脅された。みんなのお金を預かっているのだから、説明するのが彼らの義務であり責任だ」と憤った。とある。

 毎日新聞には、『<ビットコイン>CEO、ネットで「日本にまだいる」』と題して、仮想通貨「ビットコイン」の取引停止を発表していた取引所「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」は26日、カルプレス最高経営責任者(CEO)名で「私はまだ日本にいて、問題解決に向けて懸命に努力している」との談話をサイト上に掲載した。

 顧客に対し、「われわれのスタッフに質問するのは控えてほしい」と要請する一方、新たな情報は同サイト上で確認するよう求めた。マウント・ゴックスに口座を持つ顧客はビットコインの引き出しができず、不安が広がっている。サイトでは今後の復旧の見通しや現在の詳しい状況を説明しておらず、「不誠実な対応」との批判がさらに拡大しそうだ。ともある。

 顧客にとっての問題は、分かる。このまま閉鎖が続けば、詐欺に引っ掛かったと同様、換金した金は戻ってこない。一方、ビットコイン側の問題が、見えない。何が問題で、閉鎖し、再開できないのか見えない。自身の高飛び先と、300億とも400億とも言われる金を国外に持ち出す算段に時間が必要だとでも言うのか、説明すらないと言うのが、実態らしい。

 これに関して、警察関係者は、内々で周辺調査を開始しているのか、はたまた、ITは、どうも苦手でねと茶を濁し、無能無策で被害が広がり、誰かが起訴するまで、動かざること、山の如しを貫くのか、そこも注目だ。いづれにしろ、これは事件だ。茶を濁して、何時までも放置される問題ではない。
posted by おやじ at 2014/02/28 06:39
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog