おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年5月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年5月10日の記事一覧


 売国が狙い?
 J-CASTニュースには、『野田聖子総務会長が安倍首相を月刊誌で批判 「揺さぶりをかけ」存在感高める狙い?』と題して、自民党の野田聖子総務会長が安倍晋三首相を月刊誌などで批判しており、その狙いについて様々な憶測を呼んでいる。

   野田聖子氏が異論を唱えたのは、安倍首相が踏み出そうとしている集団的自衛権の行使容認についてだ。

集団的自衛権の行使容認に噛みつく

   野田氏は、2014年5月8日に発売された月刊誌「世界」6月号のインタビュー記事で、考えを明らかにした。記事では、行使容認は総選挙の公約に掲げたものの、憲法改正以外の手法で先に進めようとしていることに、党内から違和感を訴える声が出ていると述べた。

   集団的自衛権が行使できるとなれば、「自衛隊は軍になる」とし、これまでになかったこととして、「殺すことも殺されることもある」と指摘した。つまり、戦争に巻き込まれるということだ。しかし、日本は少子化であり、若者をどれだけ戦争に行かせることができるか疑問だとして、むしろ今は、多くの国民が期待している経済再生を目指すべきだと説いた。

   そして、議論を慎重に進めなければ、「全会一致が原則の総務会を通ることはできない」と述べた。安倍内閣が行使容認を閣議決定することについては、「党内手続きなしにはできません」とクギを刺している。

   こうした野田氏の考え方について、ネット上では、賛同の向きもあるものの、「他国を救わないことによってこちらも救ってもらえなくなることも考えろよ」などと疑問の声が多い。

   インタビュー記事が出る前には、関西テレビ「FNNスーパーニュースアンカー」でコメンテーターの青山繁晴氏が、中国政府の後押しを受けた自民党の親中派に、安倍首相を孤立させ、野田氏を日本初の女性首相として担ぎ出そうという動きがあったと独自の見方を述べた。それだけに、その動きを裏付けるものではないかとの憶測も出ていた。とある。

 集団的自衛権とは、具体的には中国を意識した物だ。2ケタの勢いで軍備を拡張する中国、その目的は、南沙諸島、西沙諸島でも明らかだが、海底に眠る地下資源略奪の為の侵略だ。日本に当てはめれば、尖閣諸島沖に埋蔵されている1000兆円の石油資源だ。それを略奪せんと、領海を侵犯し、領空を侵犯する。はては、火器レーダーを日本に向けて照射するなど、まさに、侵略の一歩手前に来ている状態だ。

 当然にして、中国は、日本に巣食う、売国奴を擁して、日本国内で、陽動作戦を展開する。その尻尾が、どうやら、野田氏だと明確になった訳だ。つまり、中国への売国を目的に、活動を表面化させた。そう受け取れる。

 たびたび書かせてもらっているが、国民がすべきことは、こうした日本国内に巣食う売国奴とその協力者をあぶり出し、無力化する事、それが国民がすべき義務だ。次の選挙では、投票してはならない候補としてターゲットを一つ見つけた事になる。
posted by おやじ at 2014/05/10 06:54
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog