おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2014年5月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2014年5月16日の記事一覧


 集団的自衛権
 毎日新聞には、『<集団的自衛権>解釈変更に意欲 首相が行使容認指示』と題して、 安倍晋三首相の私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇)は15日、集団的自衛権の行使を憲法解釈を変更して容認するよう求める報告書を提出した。首相はこの後の記者会見で「これまでの憲法解釈で十分か検討が必要」と解釈変更に意欲を表明。自民、公明両党に協議を指示し、その上で閣議決定を目指す考えを明確にした。とある。

 多くの記事は、毎日新聞が多い。さすがに売国新聞だけあって、反対者の立場を「立憲主義の否定」との批判で紹介し、頭から有無を言わせず、切って捨てる。

 同じことを読売新聞では、「日本の安全保障政策を大幅に強化し、様々な緊急事態に備えるうえで、歴史的な提言である。」と前向きにとらえ、その意味と解釈を丁寧に解説する。中国の動きと、何故を冷静に考えた時、首相の言う「もはや一国のみで平和を守れないのが世界の共通認識だ」と言うのは、嘘の無い事実だ。

 これに対して、各政党は、賛同も有るが、売国政党とされる常連政党の話を聞くと、矛盾に満ちたちぐはぐさを感じる。出来る事なら、聞いてみたい。それで、尖閣は守れるのかと。公明党のそもそも日本を守る気のない「尖閣棚上げ論」など、日本の領土領海を放棄するような棚上げ論などもっての外だが、領海を侵犯され、領空を侵犯され、火器レーダーを照射され、それでも、友好か。底抜けのバカもいい加減しろだ。そんな論議に付和雷同するバカはさて置き、現実には、憲法がどうであれ、日本国民の生命、財産を中国の侵略から守って欲しい。それが、日本にとっての平和だ。

 憲法に書かれている、侵略の無い国に囲まれている時、9条の考えは、成り立つ。所が、その前提とする平和が、力を付けた中国によって崩されている。本来ならば、憲法その物を変えるべきだ。それには、時間も必要であろうし、日本に巣食う売国奴をあぶり出し、無力化する活動も必要だ。それでは、連日の様に侵犯する中国から、日本の国土を守れない。解釈の変更は、緊急的処置として、容認せざるを得ない。そう考えられる。
posted by おやじ at 2014/05/16 06:47
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog