おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2016年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2016年5月25日の記事一覧


 老後破産
 「老後破産」、最近になって話題になりつつあるが、条件によっては、誰にでも有りうると言う。その条件が、預貯金が5000万有っても、有りうると言う。そんな事を聞くと、一度は、考えない訳には行かなくなる。

 老後破産を解説する記事は、色々あるが、老後破産に至る原因は、年金だけでは、食って行けない所にあるように思う。その年金も、非正規雇用の場合、受け取れない可能性もある。しかも、非正規雇用割合が、4割を超えている現状が、今の日本だ。

 もう一つの大事な要素は、本人ばかりでなく、家族が経済的なリスクを抱える場合も、リスクとなる。例え本人に問題が無くとも、その家族を援助する事で、老後破産の危険にさらされると言う。

 色々な例が有るようだが、例えば、兄弟で、弟が老後破産の問題を抱えるとき、その弟を援助することで、当人も道ずれとなるリスクにさらされる。

 弟に生活保護を受けさせるも、その判断は、窓口の担当者の判断になり、兄が経済的に問題なければ、生活保護を受けられないケースが出る。生活保護が貰えたり、貰えなかったり、あくまでも、担当者の窓口判断だ。兄の収入が有る事が原因で、弟が生活保護を受けられない。そんな場合、法的に、その義務が無くとも、収入のない弟を抱え込むことになる。道ずれのリスクだ。

 更に、年老いた親世代の介護が入れば、事はさらに複雑化する。正規雇用で収入の良い兄と、非正規雇用の弟では、兄は、俺が仕事を辞める訳にはゆかぬと、弟に介護をゆだねる事になるだろう。弟は、親の年金を当てに暮らすことになるのだろうが、親がやがて死ねば、その年金すらなくなる。老後破産だ。

 こうした例は、色々な組み合わせで出て来る。自分は問題なくとも、兄弟に、子供に、そして親に問題を抱えていれば、道ずれのリスクにさらされると言う。自分が置かれている環境を改めて見渡して、どんな問題が将来起こり得るのか、事前に対策を考える事が、必要ですね。
posted by おやじ at 2016/05/25 06:37
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog