おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2016年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2016年5月26日の記事一覧


 日本第一
 毎日新聞には、『<中国>「ジャパン・アズ・ナンバーワン」再び人気』と題して、日本が経済成長を遂げた理由を分析したエズラ・ボーゲル米ハーバード大名誉教授のベストセラー「ジャパン・アズ・ナンバーワン」(中国語名「日本第一」)が中国で36年ぶりに再刊され、発売直後に重版されるほどの勢いで売れている。日本のような経済成長を経験し、米国との摩擦を抱える中国。隣国・日本から学ぶ点が多いと思われているようだ。

  1979年に出版された同書は日本型組織の特徴などに注目し、日本で約70万部が発行されるなど世界的なベストセラーになった。当時、中国でも出版されたが読者は研究者などに限定されていた。だが今年3月に上海訳文出版社(上海市)が出版した再刊本は2週間で2万部が完売して1万部を増刷。上海市内の大手書店ではレジ前の「一等地」に平積みされ、次々と客が手に取っていた。とある。

 そう言えば、そんな本が有った。読んだが、すっかり内容を忘れている。その本が、中国で売れていると言う。今の中国が当時の日本と似ているからだとされる。

 忘れてしまった本の内容を、ウィキペディアで概要を調べると、この著作の主要なテーマは、単に日本人の特性を美化するにとどまらず、何を学ぶべきで、何を学ぶべきでないかを明瞭に示唆した点である。実際最後の章はアメリカへのレッスンと書かれている。

 具体的には、まず日本の高い経済成長の基盤になったのは、日本人の学習への意欲と読書習慣であるとしている。ヴォーゲルによれば、この当時の日本人の数学力はイスラエルに次ぎわずかに2位で、情報については7位だが、他の科学分野についても2位から3位であるという。ヴォーゲルは日本人の1日の読書時間の合計が米国人の2倍に当たることや、新聞の発行部数の多さなどにより日本人の学習への意欲と読書習慣を例証している。

 また、ヴォーゲルは、この本が出た当時、日本人は他の国の人たちより英語力は明らかに劣っているが今はまだそれは大きな問題ではない、優秀な通商産業省や大蔵省主導の経済への強烈な関与がまた日本の競争力を高めていると語っている。とある。

 団塊の世代とゆとり教育の世代を比べると分かるが、団塊の世代は、競争が激しく、学習意欲も強く、良く学んだ。何より元気が有った。その元気は、どっかの女性をストーカーとなって追っかけまわすのではなく、会社で使われた。「猛烈社員」などの言葉も、当時の物だ。

 当時の日本で、こうした本が売れ、膨大な数が出版され、インテリ層や、国のかじを握る連中に読まれたことは、間違いない。そうした「猛烈社員」ぶりが反面教師の役も果たし、やがてゆとり教育や官僚社会主義を助長する事になったのではないかと思うところもある。

 中国で出版された本のタイトルは、「日本第一」となっている。中国共産党が、良くもそんなタイトルを許したものだと思う。こうした本が売れ、今の中国が反面教師となり、次の中国としてどう変わるのか、興味の沸く所だ。
posted by おやじ at 2016/05/26 06:31
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog