おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2016年5月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2016年5月3日の記事一覧


 国際海洋法
 時事通信には、『台湾に「遺憾」申し入れ=岸田外相』と題して、台湾当局が漁船保護を目的に沖ノ鳥島の周辺海域に向けて巡視船を派遣したことについて、岸田文雄外相は2日、台湾側に「遺憾だ」と申し入れたことを明らかにした。

  訪問先のタイ・バンコクで記者団に語った。

  岸田氏は「わが国としては国際海洋法上、沖ノ鳥島は島として認められ、排他的経済水域(EEZ)は存在すると考えている」と指摘。「台湾側の一方的な独自の主張は受け入れられない」と重ねて強調した。とある。

 台湾の馬英九総統は、「沖ノ鳥島は岩であり、島ではない」と述べ、日本政府は同島を基点に排他的経済水域(EEZ)を設定することはできないと言い出した。馬英九総統と言えば、日本のチャイナスクールのと同じで、台湾の国益よりも中国の国益を尊重するとして、学生らとたびたび衝突を起こしている。言いなれば、中国の操り人形と言えなくもない。

 さて、沖ノ鳥島は、満潮時でも岩が海面上に沈まない。国際法では、これを島と定義している。国際法で島と認めている沖ノ島を台湾の馬英九総統は、中国の意向を受けて、「沖ノ鳥島は岩であり、島ではない」と国際法を無視する。国際法を無視する中国に、付き合った形だ。

 ついでに言うと、台湾の馬英九総統は、中国が南シナ海などに中国が作った人工島については、むろん、中国の主張を判で押したように繰り返す。中国が埋め立てを行っている人工島は、サンゴ礁であり、岩ではなく、満潮時には海底に沈む。国際法では、これを島とは言わない。

 中国は、国際法をなぜ守らないのか。中国の主張は、今の国際法は、中国の意向が十分に反映されていないからだと言う。そんなの理屈にならないね。
posted by おやじ at 2016/05/03 06:53
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog