おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年1月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年1月13日の記事一覧


 記者会見
 時事通信には、『トランプ節健在、慎重さも=壁建設や過去の放言釈明―記者会見』と題して、トランプ次期米大統領は11日の記者会見で、メディアを激しく攻撃したり、就任前にも雇用を創出したとする成果を誇示したりした。

 選挙戦で誇張も交えて対立候補を攻撃し、「私を信じなさい」と断言口調で公約の実現をアピールしたトランプ節は健在だった。一方で、政策や過去の放言をこれまでよりは詳しく説明するという慎重さも見せた。とある。

 トランプ氏の会見は、全部を見た訳ではないので、何とも言い難い。だが、マスコミのトランプ批判は止まらない。日本の報道も、しつこく食い下がるCNNの記者に対して、次の方と何べんも言うカットが、何度も報じられ、CNNの記者を擁護するような、報道に終始している。

 マスコミは、真実を伝え、政治的に特定の立場に立った恣意的な解説をひかえるべきだと言うのが、本来のあり方だとすれば、選挙戦以来、反省するどころか、軌道を逸した報道が続いているとも言えなくもない。そんな伝え振りを感じる。

 一片の切り抜き動画だが、そもそもCNNに記者には、米国大統領になる人間に対しての、礼儀も、マナーも持ち合わせていないかのような振る舞いだ。大統領の話をさえぎり、まくし立てるのは、これまた、政治的に特定の立場に立った恣意的な行動だったと見受けられなくもない。

 日本の朝日新聞が、ねつ造記事をしばしば掲載し、その中の一つが、慰安婦問題だが、未だに、そのねつ造気記事を信じた連中によって、影響を受けている。しかも、ねつ造記事を連発する新聞は、よほど面白い見えて、日本では、ナンバーワンの売り上げを確保している。国民が欲しがているのは、あたかも、真実では無くて、単なる世間話のついでになる話題だったのかも知れない。

 実業家のトランプ氏は、政治経験もなく、周りの人間が、しっかり役割を果たせるのかが、重要な鍵となる。マスコミが、トランプ氏をやり玉に祭り上げ、面白おかしく作り上げ、発行部数を伸ばす行為は、褒められる行動ではない。トランプ氏を支える人たちの、取材を通して、この政権がどんな性格を持つようになるのか、そこを明確にするのが、マスコミの使命ではないのか。トランプのダメより、マスコミのダメを強く感じた。
posted by おやじ at 2017/01/13 07:54
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog