おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年4月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年4月15日の記事一覧


  騙す中国
 時事通信には、『在日米軍、有事備える=F35Bや特殊作戦機―政府、空母動向注視も』と題して、米軍が北朝鮮に軍事力を行使する場合に、出撃や後方支援の拠点になる在日米軍基地では、有事を想定したとみられる動きが出ている。

 岩国基地(山口県岩国市)では海兵隊のF35B最新鋭ステルス戦闘機が爆弾の搭載訓練を、嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)では戦闘機などが一斉に出撃態勢を取る訓練を14日までに行った。

 米海軍によると、太平洋では横須賀基地(神奈川県)を拠点にする米第7艦隊の管轄エリアで展開中の空母カール・ビンソンとは別に、空母ニミッツが航行中。政府関係者は「カール・ビンソンに加えて、複数の空母が日本近海に追加派遣される事態になれば、米国が軍事行動を取る可能性が高まる」と話した。とある。

 最悪の事態を想定して、訓練を積む。最悪な事態とは、北朝鮮が、日本に向けて、核ミサイルを発射する事だ。今の体制なら、同時に4発まではミサイル防衛システムで防げるとしている。北朝鮮もまた、4発なら同時にミサイルを発射できる。北のミサイルの発射が確認された時点で、北朝鮮のミサイル発射基地や、核施設を破壊しなければ、さらなる発射が想定され、日本の専守防衛だけでは、守り切れない。防いでいる間に、一発でも外せば、甚大な被害が出てしまう。敵基地への攻撃は、売国民進党が何と言おうと、必須の訓練と言う事になる。

 北朝鮮は、核実験をするのか、しないのか。予想は、するだろう。だが、バカでなければ、それは、今ではない。ほとぼりが冷めた頃、突然再開する。そう考えるの妥当だ。では、ミサイルはどうか、4月15日は、北朝鮮の金日成主席生誕105周年だ。何かやらなければ、かっこが付かない。4月25日は、朝鮮人民軍創設85周年だ。これも何かやるには、良い機会だ。だが、バカでなければ、それは今ではない。

 アメリカは、レッドラインを弾道ミサイルの発射と、核実験がそうだと明示した。それを止めるさせるように、中国に働きかけた。中国が動くまでもなく、バカでなければ、今はしない。

 問題は、こうした記念日が過ぎ、ほとぼりが冷め、詰め寄ったアメリカの空母が帰還した時、その隙をねらって、北朝鮮が、弾道ミサイルとか、核実験を再開する。その時、アメリカは、制裁に踏み切れるのかと言う問題が残る。アメリカは、民主主義の国だ。世論は変わりやすい。大統領だって、やがて変わる。ミサイルの発射を確認してから、空母を展開するかどうかは、分からない。出来るかどうかも分からない。いずれにしろ、それはまだ先の話だ。

 騙す中国、騙されるアメリカの構図は、おそらく変わっていない。マスコミは、珍しくトランプを戦略家と褒めるが、北朝鮮問題を外交カードとして使い、一番利益を得ているのは、実は、中国ではないか。為替操作国の指定を逃れ、貿易不均衡は不問に付される。北朝鮮問題は、実のところ何もしなくても、北が時間稼ぎの自制をする。

 マスコミがトランプを褒めるのは、実は「日中記者交換協定」に従った中国の意向であって、日本国民を騙す中国の策略の手伝いでしかない。そう思える。

 習近平とは、13億の中で、命がけの権力闘争を勝ち抜いた頭脳の持ち主だ。低俗番組がひしめくテレビに浸かり、猿の惑星と揶揄される民主主義で、人気投票で選ばれた代表とは、そもそも脳みそが違う。その違いが、騙す中国、騙されるアメリカの構図を作る。

 だが、そこに何か誤算が生ずると、バカは爆発する。バカの行動は、予測が出来ない。中国の指導者は、実は、そうした事の恐ろしさを分かっていないかも知れない。
posted by おやじ at 2017/04/15 06:53
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog