おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年4月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年4月7日の記事一覧


  軍配備
 AFP=時事には、『ドゥテルテ比大統領、南沙諸島に軍の配備命じる』と題して、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は6日、政府軍に南シナ海(South China Sea)に位置する南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島、Spratly Islands)への配備を命じたと語った。

 南シナ海の戦略的要衝とされる南沙諸島周辺は、中国をはじめ複数の周辺国が領有権を主張する係争海域となっている。

 南沙諸島に近いパラワン(Palawan)島にある軍のキャンプを訪れたドゥテルテ大統領は、報道陣に対し「全面的に占領するよう軍に命じた。構造物を建て、そこにフィリピン国旗を立てるのだ」と述べ、軍に構造物建設を命じたことを明かした。また南沙諸島のうち9~10か所の島しょ・岩礁などについて、フィリピンは領有権を主張しているとも述べた。とある。

 記事では、さらに、ただ、フィリピン国防省は後に声明を発表し、9か所の島しょ・岩礁について、軍が滑走路を管理しているパグアサ島(Pag-asa Island、中国名:中業島、Thitu Island)も含めて海軍によって実効支配されている状態であるとし、「すでに領有下にあるもの」との考えを示した。ともある。

 要するに、軍を配備するが、中国がフィリピンの領海に勝手に人工島を作った所を、奪還する訳ではない。まだ残っている自国の領海に軍を配備する。そういう内容のようだ。

 これを聞いたマニラ(Manila)にある中国大使館の職員は、AFPがコメントを求めた際に驚いたような様子をみせ、この件に関する問題は北京(Beijing)の中国外務省に委ねる意向を示した。ともある。

 何で驚くのかね。フィルピンが、自国の残った領海を守る。そうした行為を聞いて中国の大使館員が驚く。むしろその驚きが、驚きだ。

 ドゥテルテ比大統領が、軍の配備に踏み切った背景には、トランプ大統領の発言を読み取っての事なのだろう。オバマは、「中国の夢」に触発され、中国が南沙諸島、西沙諸島に人工島を勝手に作り奪う行為を黙認した。だが、トランプ大統領は、そうした行為を良しとしない。そういう背景が有るから、残った自国の領海を守ろうとした。そう読める。

 一方、中国の大使館の職員は、次の計画も知らされていたのかも知れない、残った領海にも人工島を作り奪うとね。その計画を邪魔をする様な行為は、本国に知らせねばと、驚いた。そう解釈が出来る。

 中国と韓国は、自分たちの非道を国際社会から非難されるのをそらすために、日本を侵略国だと非難する。だが、日本が、本当に侵略国だったら、戦後のアジアは平和だったはずだ。だが、現実は違う。そこで流された血は、日本の銃によるもでではない。

 さて、中国は迷う。フィルピン軍を追い出そうとすれば、軍同士の衝突の可能性が生まれる。中国の銃による血だ。ドゥテルテ比大統領は、中国軍を自国の領海から、軍を使って追い出すとは言っていない。だが、アメリカ次第では、その可能性も否定できない。フィルピンの様な行為が、まかり通れば、中国にとって、日本の尖閣諸島で進めている領海侵犯行為も、上手く行かなくなる。

 東南アジアの国々は、米中会談の行方に注目するね。そんなタイミングなんだろうね。ドゥテルテ比大統領と言う人は、結構戦略家なんだ。
posted by おやじ at 2017/04/07 06:16
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog