おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年6月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年6月25日の記事一覧


 獣医学部新設
 読売新聞には、『首相、獣医学部新設「今治市だけに限定しない」』と題して、安倍首相は24日の神戸市での講演で、学校法人「加計かけ学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設計画に関し、「今治市だけに限定する必要はなく、速やかに全国展開を目指したい。意欲のある所にはどんどん獣医師学部の新設を認めていく」と述べた。

 加計学園を巡っては、獣医学部新設が国家戦略特区で今治市に限定されたことで、野党が「加計学園に利益誘導した」と批判している。首相は「獣医師会の強い要望を踏まえ、まずは1校だけに限定したが、こうした中途半端な妥協が国民的な疑念を招く一因となった」と釈明した。とある。

 岩盤規制と言われ、何十年も役人規制が働き、新設が出来なかった獣医学部が、政治の規制緩和で風穴があき実現した。だが、野党がこれを批判。「加計学園に利益誘導した」とスキャンダルとして、批判している。これに対し、今治市だけに限定しないとした訳だ。

 学校建設には、大きな投資が伴う。人口が減少する中、ペットブームだけで、どこまで需要が喚起されるのか、学校側にしてみれば、新設には、大変厳しい選択を迫られる。獣医学部の新設にフリーハンドを与えれば、既存の学校と競争が始まる。競争が過熱すれば、獣医学部が閉鎖される所も出る可能性が有る。

 だが、それは悪い事では無く、社会と言う需要に根差した競争となれば、質の向上に繋がる。だが、大学によっては、経営維持のため、生徒なら何でも受け入れるような、質の低下を招きかねない。もっとも、それも社会からの需要とも言えるが。

 そうした大学生に質の低下は、獣医学部だけの話ではない。他学部では、相当進んでいると言える。親からしてみれば、出来の悪い子でも、何とか大学に行かせたい。それも需要だ。それに応えるべく、大学は門戸を広げてきた。

 所が、日教組が進めたゆとり教育と相まって、教育の質が低下してしまった。大学に半数以上が行ける時代では有るが、平均の意味すら分からない学力でも大学を卒業できてしまう。社会はそれを望んでいない。

 結果、会社をさっさと辞める人がいる。彼らの多くは、親と住み、毎日飯が食える。これと言って、新たな目標がある訳ではない。そこには、ハングリーである必要はない。となると、ニートになる可能性があるとも言われる。そんな寄生虫人生を謳歌する人が増えている。社会問題として、良く言われる話だ。

 教育が社会をダメにする。教育の何が問題なのかを、思い浮かぶまま上げれば、ゆとり教育もそうだが、国旗、国歌も認めぬ社会主義思想のイデオローギに染まった日教組、それに中国共産党の歴史歪曲に応じる教科書問題かな。規制云々も大事だが、教育の中身も、イデオロギーに染まらず、改革を進めて欲しいね。

 民進党や共産党からは、決して出ないだろうが、社会主義思想は、社会を貧乏にする。歴史の教訓だ。
posted by おやじ at 2017/06/25 06:39
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog