おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年9月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2017年9月9日の記事一覧


  太陽フレア
 JIJI.COMには、『地磁気の乱れ、予想より早く=「2~3日は注意」―太陽フレア、過去27番目の規模』と題して、太陽の黒点群で6日夜に発生した爆発現象「太陽フレア」について、情報通信研究機構は8日夕、地球への影響が予想より早く、地磁気が乱れたピークは8日午前9時から正午ごろだったと発表した。

 被害の報告は入っていないという。

 東京都小金井市の同機構で記者会見した石井守宇宙環境研究室長は「短波通信が乱れたり、全地球測位システム(GPS)に誤差が生じたりしたという報告はまだないが、2~3日は注意が必要だ」と話した。とある。

 南極でのオーロラとか、北海道でオーロラが見れないかとか、北朝鮮が、ICBMの発射実験を断念したとか。「太陽フレア」の影響による様々な事柄が報じられている。

 アマチュア無線の免許を持っているので、電離層や電磁波に与える影響を通信を通して、実感して見たくも有ったが、昨日は、所要の為、無線機のスイッチを入れる事も出来なかった。

 早速、電波研究所 宇宙環境研究室のページを開き、電離層の具合をホームページ上で見るも、普段との違いは良く分からない。異常と言われるような、変化は、良く見た記憶と比べても、分からない。無線機のスイッチを入れると、概して静かだが、ちゃんとノイズは入っている。すでに太陽フレアの影響が収まっているのか、まだある程度残っているのかさえ、分からないと言うのが、現実だ。

 Bloombergの記事には、「金正恩朝鮮労働党委員長は太陽フレア発生中の発射によってデータや装備が失われるのを懸念して発射を控える可能性があると、ネクシアル・リサーチの航空宇宙コンサルタント、ランス・ガトリング氏が述べた。

 日本と米国は太陽フレアの環境下でミサイル防衛システムを試験することができるので北朝鮮が発射することを期待しているかもしれないと付け加えた。」などの記事を目にする。

 北のミサイルとは、以外にデリケートな物なのかと、思う。つまり、北の技術では、コントロールを逸脱する可能性が有るかも知れないと言う事では無いのか。これでは、安定して確実に打つことはできない。その先に核弾頭が装備されれば、関係のない国や人を巻き添えにしたり、とんでもない事になる。

 北の問題に関しては、日本共産党は、口を閉ざしているね。かつて、中国が核実験を実施した時に、「中国の核は、暖かい」発言をした事でも知られる。そんな思想が有るから、選挙を考えると、口を紡ぐ方が良いと言う事なのだろう。

 民進党は、そんな共産党と一つ釜の飯を食うのか食わないのか、前原氏を代表に迎えても、方向が定まらない。共産思想にあこがれ、捨てきれない連中がたくさんいると言う事なのだろう。売国民進党の中身は、代表を変えても、変わらないと言うのが、本当の所らしい。
posted by おやじ at 2017/09/09 07:33
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog