おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2018年4月3日の記事一覧


  厳戒態勢
 CNN.co.jpには、『「まるで刑務所」、銃乱射の米高校、厳戒態勢の新学期』と題して、銃乱射事件で生徒など17人の死者を出した米フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、2日から新学期が始まる。

 銃乱射事件の発生から6週間、全米に広がった「命のための行進」から1週間あまり。事件の再発防止のため厳戒態勢が敷かれた同校は、もはや普通の学校ではなくなった。まるで刑務所の中で勉強しているみたい、と漏らす生徒もいる。

 2日以降、同校の生徒が校内に持ち込めるのは、新しく寄贈された透明なバックパックのみ。新しい学生証を常時身に着けることも義務付けられる。とある。

 銃社会がもたらす異様な光景だ。北朝鮮による核開発と重ねてみれば、北の核を容認すれば、核拡散が始まり、銃社会ならぬ、核拡散の世界が生まれ、核世界がもたらす悲劇が、絶え間無く起きるのではないか。それを予感させる。その交渉役が、銃社会を容認するアメリカと来ればなおさらだ。

 日本の役割は、アメリカにしっかりと説明をし、北朝鮮の核をどのような裏事情が有ろうと、容認させない事だ。それは、核を民族の誇りと言い切った韓国の民族主義者にもできないこと。日本の野党の様に、社会主義実現のイデオロギーを持ち、南北統一を夢見る文政権にもできない事だ。4月の安倍総理の訪米結果に期待したい。

 所が、トランプ氏は、貿易赤字と、日本への防衛問題を取引条件にごねるんだろうね。その交渉に、憲法問題を抱える日本に、アメリカさん、ぞうぞ、ご勝手に、と言えない事情が有る。原因は、銃社会より怖い、日本の野党の社会主義思想に基づくイデオロギーかな。昔共産党の委員長が「中国の核は暖かい」と言ったように、彼らは、北の核に知らん顔だ。彼らにしてみれば、北の核などは、国会に上げる話題にもならない。それが日本の今起きている現実の実情なのだから。今のままでは、残念ながら、良い方向に進む訳がない。
posted by おやじ at 2018/04/03 07:33
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog