おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2018年5月23日の記事一覧


 米朝会談中止?
 産経新聞には、『米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談中止の可能性に言及「十分ある」』と題して、トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスで韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した。北朝鮮が6月12日に予定される米朝首脳会談の中止に言及したのを受け、トランプ氏は文氏からの「意見聴取」を通じて北朝鮮に完全非核化の意思が本当にあるのかを見定め、米朝会談を決行するかどうか判断したい考えだ。

 トランプ氏は会談の冒頭、記者団に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「非核化に真剣だと思う」との認識を明らかにした上で、金氏が米国の求める条件に応じない場合は「会談は行われない」と指摘。会談中止に踏み切る可能性も「十分にある」とした。とある。

 北朝鮮の金正恩が条件を並べて、米朝会談中止をかざして、揺さぶりをかけたのに対して、トランプ氏は、譲歩するのだろうかと、心配した。そのトランプ氏が、金正恩に非核化の意思がなければ、米朝会談を中止すると考えている様だ。実にまともで、安心できそうだ。

 こうなると、心配なのは、すっかり北朝鮮のとりこになっている韓国の文大統領だ。米韓会談では、あたかも北朝鮮の代弁者の如く、金正恩は、非核化に真剣だとトランプ氏を説得する側に回ったようだ。

 それに対して、トランプ氏は、文大統領に対して、非核化するからと言う口約束だけで、制裁を緩和する事が無いようにとくぎを刺した。

 文氏が北朝鮮の代弁者になるのは、南北統一を自分の手で進め、歴史に名を残したい、そんな思いが先行するためだろう。トランプ氏への報告も、北朝鮮の非核化の意思を誇張して米国に伝えていると疑われている。

 結局、日本でも同じだが、外交問題は、売国野党と揶揄される政党の話はダメで、安倍首相が言う、圧力の継続が日本の国益を守る事になる。トランプ氏も、それが分かっている様だ。米朝会談で、とんでもない受け入れをする可能性は、薄らいでいると言えそうだ。

 こうなると、本気で核を放棄する気もない北朝鮮の動向が、気になる。トランプ氏を容易に騙せないとなれば、韓国に対して、揺さぶりを掛ける。核施設の取材から韓国を外すなど。さてさて、文大統領は、目を覚ますのか、北朝鮮の操り人形として、更に北にすり寄るのか、動向が気になる。

 米朝会談の予定期日は迫る。果たして、実現なるのか、今まさに駆け引きが行われている最中だ。

 そうした大事な時期に、日本では相も変わらず、重要問題を棚上げして、新文書だとか、そんなゴシップまがいの話で国会は空転している。新文書では、2015年2月25日に加計孝太郎・加計学園理事長から獣医学部新設計画の説明を受けたとされる。所が、その日の首相の予定は、分刻みでいっぱいだった。その記録には、残っていない。さらに、知らなかったが、首相には、24時間、はりっついている記者がいるそうだ。その記者の証言によれば、そうした事実はなかったと言う。

 日本には、反日日本人がいる。日本の国益を毀損する事が反日日本人の目的だ。重要問題を棚上げして、ゴシップまがいの話で国会は空転させる事は、まさに、彼らが目的としている話ではないのか。国民も、こうした大事な時期に、マスコミも、反日日本人のたわごとに付き合う必要はないと思うが、どうだろう。
posted by おやじ at 2018/05/23 06:46
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog