おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年10月16日の記事一覧


  長期停電
 JIJI.COMには、『なお5万戸超が停電=中部電、17日にほぼ復旧-台風19号』と題して、台風19号の爪痕は14日も残った。経済産業省によると、14日午後9時時点の停電戸数は東京電力ホールディングス、中部電力、東北電力の管内で計約5万2850戸。各社が復旧作業を急いだ結果、ピーク時(全国約52万戸)より大幅に減少し、20日までにほぼ復旧する見通しだ。ただ、冠水や土砂崩れが起きた地域では作業が難航しており、停電の長期化を余儀なくされそうだ。とある。

 自然災害でインフラが使えなくなる。水道、ガス、電気と、その中で今回注目されたのが、電気だ。今まで、一番復帰が早いと言われた電気だが、意外にも台風に弱かった。と言うか、千葉県の森田知事のアホ振りに見積もりを誤ったと言うべきかも知れない。

 台風で停電になるメカニズムはこうだ。風によって、物が飛ぶ。そうした物が、電線に引っかかり、電柱を倒したり、道を塞ぐ。停電普及が遅れた最大の原因は、東京電力の車が通ろうにも道路が塞がっていて通れない。千葉県の県道だ。

 だが、森田県知事は、あるニュースに依れば、都内でレセプションだが、何だかで、ご機嫌の日々を過ごす。これもニュースだが、森田知事の平均勤務実態は、1日1時間以下だそうだ。県道の障害物の片づけは、県が手伝わなければ、停電の復旧が遅れる。当然の話だ。

 そんな知事を当選させた県民の自業自得と言えばそれまでだが、知事選で、ちゃんとした情報を伝えないマスコミに本当は問題があった。今回もそうした事を伝えたのは、一部のマスコミで、大手マスコミは、報道しない自由を駆使したつもりなのか、知事の無能振りに関しては、だんまりを決め込んでいる様だ。

 そうは言ても停電だ。長期の停電にどう備えられるのか。いろいろ考えてみた。まず、何が困るのか。停電が発生して数時間後に困るのは、冷蔵庫かな。冷蔵庫の中身が腐る。衛生的な問題も然りだが、食べ物の備えが無くなることを意味する。冷蔵庫を維持するには、発電機と発想が飛ぶが、冷蔵庫は、起動時に100V10A位の電気が必要になる。となると、ガソリン発電機と言う事になるが、カタログを見ると、満タンで数時間しか連続運転ができない。それ以上は、ガソリンを補充しなくてはならない。ガソリンの備蓄が必要になると言う事だ。

 だが、ガソリンは、腐ると言われるように、3カ月以上保存すると、品質の低下を招く様だ。つまり、長期に保存したガソリンは、使えない。それでは、いつ起きるとも限らない災害の為に、そうした準備は、難しい。ならば、カセットガスによる発電機はどうだと言う事になる。

 これも、カタログを見ると、運転時間は、1時間。48本のカセットを準備しても、1日と言う事になる。ちょっとね。

 つまり、普段どうりの生活は、そもそも初めから無理と言う事では無いのか。そう諦めて、逆から、生きるために何を確保すべきか、そっちからの発想が良さそうだ。そう考えると、何でも有れば、有りがたい。カセットの発電機も有れば、有難い。冷凍庫は無理でも、蓄電池を充電できる。冷凍庫は無理にしても、蓄電池が充電できれば、様々な用途に使える。生きるために何が必要か、そっちだな。

 もっとも、生活の場所を移動できるなら、復旧が進むまで、別の場所で生活をする。そんな代替案を考える事の方が、手っ取り早く、大事かも知れない。
posted by おやじ at 2019/10/16 07:36
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog