おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年12月13日の記事一覧


  ヘイト条例
 フジテレビ系(FNN)には、『初の刑事罰も ヘイトスピーチ条例 川崎市で成立』と題して、全国で初めて刑事罰を盛り込んだヘイトスピーチ対策条例が、神奈川・川崎市で成立した。

 川崎市議会で可決・成立したのは、「差別のない人権尊重のまちづくり条例」。

 条例では、人種や国籍などあらゆる差別的言動を禁止し、全国で初めて刑事罰を科すことが盛り込まれた。とある。  

 ヘイトスピーチの定義はどうなっている? 言われた側が、あれは、ヘイトスピーチだと、誰かが言えば、それが定義か? それでは、憲法で規定されている言論の自由が守られないではないか。人種や国籍とあるが、具体的には、韓国人に対して、批判を言ってはいけないぞと言う禁止条例と受け止められても仕方がなさそうだ。

 そう言えば、これに関して、政治的メッセージを込め、慰安婦を模した少女像を展示しした愛知の「トリエンターレ」は、さんざん言論の自由への攻撃だと豪語していた。だが、今回の川崎の件に関しては、沈黙を保っている。その共通項を抽出すると、やはり朝鮮人と言う言葉が浮かび上がる。

 彼らが日本の首相を誹謗中傷すのは、言論の自由で、朝鮮人に対して、苦言を呈すのは、ヘイトスピーチと言う事なのか。そのヘイトには、明確な定義もないが、それを決めるのは、愛知で従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」や、昭和天皇の写真を含む肖像群が燃える映像作品を展示した、彼らなのか。

 ノー天気、平和ボケで、ここまでバカにされても、どこぞの国の為に活動している連中と、彼らの言い分を伝えるマスコミにどっぷり漬かり、低俗番組の笑顔を絶やさぬ国民になってしまっては、いないだろうか。

 Jcastニュースには、テレビ朝日のニュースステーションが、『自民世耕氏「印象操作」→報ステ謝罪 どうしたら「説明が丁寧」になったのか』とある。左寄りのマスコミにとっては、言論の自由とは、真実を報道しない自由と「印象操作」をすることなのか。北朝鮮や中国に虐げられた国民になりたくないと思うなら、日本人も、台湾人に見習うべきかも知れない。自由民主主義国にあって、言論の自由とは、どういうことなのか、個々人が考えてみる必要がありそうだ。
posted by おやじ at 2019/12/13 14:55
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog