おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年8月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


2019年8月15日の記事一覧


  ミサイル供与
 JBpressには、『驚愕、韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与か』と題して、北朝鮮は8月10日、新たな飛翔体を発射し、「もう一つの新しい兵器システム」を完成させたと公表した。

 韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が10日に短距離弾道ミサイル2発を発射したと発表。高度は約48キロ、飛翔距離は約400キロ、最大飛行速度はマッハ6.1以上で、ロシア製「イスカンデル」の北朝鮮版「KN23ミサイル」の可能性が高いと分析した。

 今回のミサイル発射の焦点は、「性能がどうか」というものではなく、米国製の兵器が北朝鮮に流れている可能性があるということだ。とある。

 北朝鮮が発射したミサイルの写真を専門家が分析をすると、韓国軍が分析し推測した「KN23ミサイル」とは、全く異なっていると言う。むしろ、韓国陸軍も装備する米軍のATACMS(Army Tactical Missile System)に極めて類似していると言うのだ。飛翔した距離やその後の分析でも、韓国軍合同参謀本部の発表には、「誤り」があったり、あるいは「文在寅政権の北朝鮮を刺激しないためのうそ」があったりもした。と言うのだ。

 日本が実施した輸出管理の見直しでも明らかになったが、韓国に出荷されたフッ化水素が、結局は、北朝鮮に渡り、核兵器などの材料に転用される。北に恋い焦がれる文政権では、そうした事が起こっている。これは、事実として有ったが為に輸出管理が厳格化された。

 日本の飛行機が韓国軍から火器レーダー放射を受けた時、まさにその時、韓国軍は、北朝鮮の連中と洋上で何をしていたのか。フッ化水素の瀬取りだけでなく、ミサイルの設計図などの機密情報の受け渡しもしていたのかと勘繰りたくなる。記事では、北朝鮮が発射したミサイルの情報には、韓国か北朝鮮のどちらかに、「うそ」か「誤り」が確実にある。と言うのだ。

 日増しに強まる文政権による反日キャンペーンの裏側には、北朝鮮に恋い焦がれる文政権と言うだけでは、説明の付かない、何かを韓国国民の目から隠す意図もあるのかも知れない。
posted by おやじ at 2019/08/15 06:53
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog