おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2020年1月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


撃墜を検討

 撃墜を検討
 産経新聞には、『無人機撃墜、政府が検討 対処方針策定に着手』と題して、 中国軍が無人機を尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で飛行させたことを受け、政府が国籍不明の無人機に関し、領空に侵入し国民の生命・財産に危害を及ぼしかねない事態での対処方針の策定に着手したことが17日、分かった。対処方針に撃墜任務を盛り込むことも検討。航空自衛隊のパイロットに武器使用のあり方を徹底させるため、部隊行動基準(ROE)に反映させることも視野に入れる。

  対処方針は防衛省と外務省を中心に策定する。国籍不明の無人機が領空やその外側に設けられた防空識別圏に入れば、空自の戦闘機などが緊急発進(スクランブル)で対処するため、その際の任務を定めておく必要があると判断した。

  一般の有人航空機への対処では、地上のレーダーサイトや早期警戒機E2C、空中警戒管制機AWACSで航空機を確認、国籍などを識別する。外国の航空機と識別できれば、スクランブルで出動する空自戦闘機のパイロットが、無線や警告サインを通じ領空に入らないよう退去や着陸を求める。

  ただ、パイロットが搭乗していない無人機の場合、空中での無線や警告サインが機能しない可能性が高い。

  尖閣諸島の領有で不当な主張を繰り返す中国側が、日本側の警告が伝わらないことを逆手にとり、尖閣周辺などで領空接近を常態化させる恐れもある。

  政府高官は「攻撃能力のある無人機が突発的に航空機や船舶に攻撃を仕掛けてくることも念頭に置く必要がある」と指摘。

  このため対処方針で撃墜までの手順を定めるが、備えに万全を期すことで中国側の挑発拡大を抑止する狙いもある。

  香港メディアは、今月9日に尖閣周辺を飛行した無人機について、ミサイル搭載が可能な中国軍の「翼竜」と報じている。とある。

 売国民主党と違って、自民党なんだから、国民の期待通り、領空侵犯が常態化しない様に、しっかり対処法を決めて欲しい。無人機を撃墜すれば、中国側は、武器を積んでいなかったとか、そんな屁理屈で抗議をするだろう。そんな事は、日本側からは分かる話ではない。もちろん、国際社会では通用しない屁理屈だ。日本に巣食う売国奴とその協力者を有する日本に向けてのプロパガンダだ。

 そもそも、中国は、尖閣諸島沖に1000兆円と言われる石油資源が埋蔵されるのを知ると、尖閣周辺の領海を侵犯し、侵略を試みる国家だ。自国を侵略から守ろうとする日本と、尖閣を侵略せんとする中国は、中国があきらめない限り、中国の具体的な侵略が開始されるとき、衝突が起きる事は、必定だろう。その時の備えをすべきだ。

 まず、①日本国内に巣食う売国奴とその協力者の駆逐。チャイナスクールの官僚や、政治家の駆逐。国民が出来る事だ。②次に、自国を守るための国内法の整備。それを実行してくれる政党を応援しよう。売国民主党などは、消滅させねばならぬ。

posted by おやじ at 2013/09/29 06:29

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=1050

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog