おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年12月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


ウクライナ

 ウクライナ
 読売新聞には、『ウクライナ大統領選、親欧州の元外相が勝利宣言』と題して、ウクライナ大統領選挙は25日午後8時(日本時間26日午前2時)、投票が締め切られ開票が始まった。

 地元メディアの出口調査結果では、菓子メーカーを経営する富豪で元外相のピョートル・ポロシェンコ氏(48)が当選に必要な過半数を獲得する見通しとなった。同氏は25日夜、キエフの事務所で「1回目の投票で選挙は終わり、(決選投票とならずに)大統領が決まった」と勝利宣言した。

 中央選挙管理委員会の集計結果は公表されていない。親欧州派のポロシェンコ氏が勝利した場合、ヤヌコビッチ政権が2月に崩壊し暫定政府の統治下で分裂の危機に陥った国家を再建しつつ、ロシアとの関係構築に取り組むことになる。

 地元テレビが伝えた複数の出口調査では、ポロシェンコ氏に投票したと答えた有権者の割合は55?57%。2位は元首相ユリヤ・チモシェンコ氏(53)で12%だった。とある。

 予想通りと言えば、予想通りである。新しく大統領に就任するポロシェンコ氏は、当選後の対応として、欧州連合(EU)との関係強化を対外政策の基本とする方針を表明。親ロシア派の武装集団が「独立」を一方的に宣言するなど、分離要求が高まる東部地域の安定化に最優先で取り組む方針を示した。親露派と交渉し、投降した人には「恩赦」を与える考えも明らかにした。ただ、「テロリストとは交渉しない」と断言した。

 ロシアによるウクライナ領のクリミア併合については「決して認めない」と述べた。ともある。

 基本路線としてのEUとの関係強化は、実現するだろう。次の、東部地域の安定化は、そう簡単ではないだろう。取締りの為の、警察、果ては軍隊までが、新体制下で機能するのか、それが東部地域で、親露派より力を持つ事が出来るのか、その辺が鍵だ。クリミア併合に関しては、認めないのは分かるが、それに対しての具体的策は、見いだせないだろう。

 警察や軍隊を東部地域に集中させ、東部地域治安を取り戻す。かなりの抵抗は有るだろうが、選挙で選ばれた大統領が政策として進めれば、ロシアも国際社会からの非難を考えた場合、表立った妨害工作は、取りづらい物だ。流血の惨事も有るかも知れない、その覚悟が新大統領に有るかが問われる。

 ウクライナの例を見る限り、問題を複雑にするのは、親ロシア派だ。ウクライナからすれば、自国より、隣の国に目を向ける売国奴と言う事になる。日本にも、中国、韓国に目を必要以上に向ける売国奴が居る。彼らにとって、世界とは、中国と韓国であり、パンダが風邪でも引けは、大騒ぎだ。

 国の安全を考える時、そうした売国奴を事前にあぶり出し、無力化する事が、いかに大事か、ウクライナの例を以って、学習し、対処しなければならない。
posted by おやじ at 2014/05/27 06:39

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=1288

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog