おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


加熱報道

 加熱報道
 読売新聞には、『パイロットと交換で死刑囚釈放の用意…ヨルダン』と題して、イスラム過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人人質事件で、政府は28日、ヨルダン政府に対し、ジャーナリストの後藤健二さん(47)の解放に向けた協力要請を続けた。

 イスラム国側は日本時間27日深夜、後藤さん解放の条件として、ヨルダンで拘束中のサジダ・リシャウィ死刑囚の24時間以内の釈放を求め、応じなければ後藤さんとヨルダン軍パイロットのムアズ・カサースベ氏(26)の2人を殺害すると予告する新たな映像を投稿した。

 これに対し、ヨルダン国営テレビは期限が迫った同28日夜、カサースベ氏との引き換えなら「リシャウィ死刑囚を釈放する用意がある」とのヨルダン情報相の発言を速報で伝えた。とある。

 連日、日本のテレビは、人質関連を報道する。ニュースでも、ワイドショーでも、日本のテレビは、何でもありだ。ヨルダン情報相の発言が有れば、それを持って、人質解放が進むか如く解説が付け加わる。

 そもそも、後藤さん自身がビデオで残した通り、これは自己責任ですと言っている。それに関しては、一言も解説では触れようとしない。政府が危険地域として指定し、渡航を禁じている地域に向かうのだから、その責任は、当然にして本人に有る。まずそれを明確にして、しかるべきだ。所がTVはと言いたい。

 「テロリストには屈しない」と言い、或いは、「テロリストとは、取引しない」と言いつつ、TV局の依頼で鎮座し、解放条件を吟味する解説者。それも、TV局の意向か、ヨルダンだったら良いだろうと結ぶ。あたかも、今のTVは、テロリストの日本広報担当の様だ。

 返ってくれば、TV局は、英雄にでも祭り上げるのだろうね。イスラム国のナンバー2とされるアブムハンマド・アドナーニ報道官が、そうした実態を知れば、きっと喜ぶだろう。日本のTV局の行き過ぎ報道を感ずる。
posted by おやじ at 2015/01/29 07:51

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=1531

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog