おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


認知症予防?!

 認知症予防?!
 読売新聞には、『ビールの苦味、認知症予防…蓄積たんぱく質除去』と題して、ビールやノンアルコール飲料に含まれるホップ由来の苦み成分に、アルツハイマー病の予防効果があることを、飲料大手のキリンと東京大、学習院大の共同研究チームが明らかにした。

 厚生労働省によると、認知症の人は国内に約462万人(2012年)おり、このうち約7割をアルツハイマー型が占めると推計される。加齢に伴い、脳内にたんぱく質の「アミロイドβ」が蓄積することが原因とされる。

 キリンや東京大の中山裕之教授らの実験で、ホップ由来の苦み成分である「イソα酸」に、脳内の免疫細胞である「ミクログリア」を活性化させ、アミロイドβを除去する作用がみられた。イソα酸を含むえさを食べたマウスは、そうでないマウスに比べ、アミロイドβが約5割減少し、認知機能も向上したという。とある。

 ホントかよ。タイトルを見た時は、苦みの刺激が遊んでいる脳に刺激を与えるので、認知症に効果ありと言う話かと思った。ちまたに転がる認知症対策の一つとしてね。

 所が、ビールに含まれる成分がアミロイドβの除去に効果が有るとなると、本当に認知症に効くのだろう。

 でもね、ビールの値段が高くて、第三のビールや発泡酒ばかり飲んでいる金のない奴には関係ないかも知れない。

 だが、こうした記事は、何かの意図が有って出されたとしたらどうだ。偏向報道が多すぎるマスコミだ。裏が有るのかも知れない。

 まずは、ビール会社の後押しだ。次の可能性は、第三のビールや発泡酒を増税したくて、税率をビールと一律にしようと考えている財務省だ。どちらの可能性が高いかと言えば、財務省かな。なぜって、ビール会社にしてみれば、ビールが売れようと、第三のビールや発泡酒が売れようと、利益が問題で、ビールが必ずしも利益率が高いとは言えないからだ。

 ビール、第三のビール、発泡酒に対して、財務省は一律55円の酒税を掛ける積りだ。当然にして、第三のビール、発泡酒は、ビール並みに値上がりする。値段が上がれば、需要が減り、ビール会社の収益は凹む。

 となると、財務省が働きかける意図的記事となれば、その真偽と言うのか、効果も大した事は無いのかも知れない。例えば、ビールを浴びるほど飲まなければ、必要な成分が必要な量取れないとか、現実的ではないのかも知れない。

 認知症が本当に改善するなら、ノーベル賞級だ。この功績に対して、ノーベル賞でも出れば別だが、そんな話は、さらさら聞かないからね。真偽の怪しいサプリメントの広告程度の効果なんじゃないかな。どうなんだろう。
posted by おやじ at 2016/11/29 07:21

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2190

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog