おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


安保理会合

  安保理会合
 フジテレビ系(FNN)には、『岸田外相「北」制裁強化訴え 安保理会合』と題して、アメリカ・ニューヨークの国連本部では、北朝鮮の核問題を話し合う閣僚級会合が開かれている。

 日本時間28日夜に始まった閣僚級の安保理会合では、岸田外相も発言し、暴走を続ける北朝鮮に対して、制裁強化を含む抑止力の重要性を強く訴えた。とある。

 北朝鮮問題では、何を決議しようが、中国がそれを反故にしてきた。今度ばかりは、アメリカのデモが効いているのか、中国が重い腰を、まだポーズだけだが、上げた。だが、そんな程度で、北朝鮮は核開発をあきらめない。更なる制裁強化を求める協議だが、ロシアの立ち位置がはっきりしない。

 ロシアにとって見れば、アメリカファーストより、はるかにロシアファーストな訳で、自国の利益を考えれば、制裁に同意せず、困った北朝鮮を貿易で援助すれば、利益になる。他国の制裁は、自国の利益になるとなれば、どんどん制裁を強化してくれ、俺は加わらないよ。特に、中国がアメリカの圧力で大手を振って下を援助できなくなればなおさらだ。そう言う事になるのだろう。

 ロシアの考えでは、隣国が核を持とうが、構わない。自国の安全保障は、それ以上の核と軍を持てば、良いと言う事なのだろうね。言うなれば、未だに冷戦時代の考え方だと言えなくもない。

 確かに、それは、有効かも知れない。冷戦時代には、アメリカとソ連は戦争をしていない。

 北が核を放棄しなければ、韓国に核が持ち込まれる。北に核放棄を求めながら、それが上手く行かなければ、核を持つ。新冷戦時代に逆行する事になりそうだ。核を持てば、北朝鮮と、韓国の間では、全面戦争は起こらないと言う事になる。

 そんな環境で日本はどうか。自国の防衛のために核を持てるか。核アレルギーなどと言って、冷静な判断を失い、感情で核を嫌う。考える事すら、毛嫌いするのだから、動物と同じだ。そうなってしまった背景には、野党政治の政治的プロパガンダが有る。それは日本の為になるのか。

 北が核を放棄しなければ、日本の安全保障は、難しい。不思議な事に、いつも核に反対する連中が、北の核に対して、沈黙を守っている事だ。共産党が言う所の、「中国の核は暖かい」発言と同様に、北の核は、暖かいと思っているのだろうか。日本国内にこんな連中を抱え、自民党の二階幹事長は、今も盛んに中国に尻尾を振っている。岸田外相が、「北」制裁強化訴えても、難しいだろうね。

 日本の国民がすべきことは、政治に関心を持ち、よく考える事だ。どこぞの国の赤い犬ではないのだから、人間として、頭でね。
posted by おやじ at 2017/04/29 06:52

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2338

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog