おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年6月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


受精卵検査

  受精卵検査
 神戸新聞NEXTには、『受精卵検査、処分方針に反論 実施の医師「何があっても続ける」』と題して、体外受精させた受精卵の染色体異常を全て調べる「着床前スクリーニング」を、日本産科婦人科学会(日産婦)の禁止に反して実施している大谷レディスクリニック(神戸市中央区)の大谷徹郎院長が1日、厚生労働省で会見し、処分方針を示す日産婦に反論した。

 大谷医師は「流産の多くは染色体異常が原因。検査で流産しにくい受精卵を選び、子宮に戻してあげることは医学の良心だ。何があっても続ける」と訴えた。

 受精卵検査は「命の選別」との批判があり、日産婦は重い遺伝病などに限って認めていたが、今年2月、検証のための臨床研究開始を発表。大谷医師側は「実施を追認している状況」と指摘している。

 大谷医師は、検査は世界で有効性が確認され、国内法上も問題がないと強調。自身の処分と臨床研究が同時に行われるのは矛盾しているとし「検査は社会的に認められるのか、正しいのかと患者を不安にさせている」と、日産婦を批判した。とある。

 医療技術は、体外受精を可能にし、さらに、体外受精させた受精卵の染色体異常を全て調べる「着床前スクリーニング」を可能にした。そこで染色体に異常が有れば、途中で流産となったり、流産にならずとも、ダウン症の子供が生まれたりする。そのいずれにしても、母体に対して、あるいは、その家族にとって大変な負担を強いる事になる。

 そればかりか、例えば、生まれた子供がダウン症であれば、その子は、親より長生きするだろう。親ばかりではなく、そうした子供を支える社会の負担も、大きなものになる。ダウン症の子供が成長し、結婚を望めば、その遺伝子は、社会に拡散する事になる。

 実際には、費用の問題も有るのだろう。だが、体外受精させた受精卵の染色体異常を全て調べる事が出来るのならば、受ける事は、親にとっても、社会にとっても、悪い事では無い。

 所が、日本産科婦人科学会(日産婦)は、「命の選別」と言う定義も定かでない理由を振り回し、禁止すると言う。この社会は、と言うか、自然界は、常に命の選別を行っているのではないか。それが、種の起源で有名なダーウィンが言う所の進化論では無いのか。現代では、それを適応、種分化、遺伝的浮動など進化の様々な現象を説明し予測する多くの理論の総称として言われている様だ。

 そう言えば、以前もこの学会は、トップが、キリスト教信者で、「命の選別」を振り回し、忘れたが、何かを禁止した。それは宗教上の教えに従ったのでは無いのか。16世紀の世の中でもあるまいし、宗教裁判を持ち出したのかと思われる。現代に有って、「命の選別」などと言う宗教上の価値観を振り回すのは、大谷医師でなくとも、日本産科婦人科学会に対して、時代錯誤もいい加減にしろと言いたくなるね。
posted by おやじ at 2017/06/03 06:40

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2372

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog