おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2017年9月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


制裁決議案

  制裁決議案
 TBSには、『中朝国境の街で「石油の密輸」横行、軍も黙認か』と題して、北朝鮮の核実験を巡る国連安保理の新たな制裁決議案では「石油の禁輸」が焦点となっていますが、中朝国境の街では「石油の密輸」も横行しているようです。

 中朝国境の川から6キロ離れた中国の農村に、石油の備蓄施設があります。この石油は、北朝鮮に供給されているとみられています。

 「(北朝鮮に)地下のパイプラインを使って送っています。30〜40年前に私も掘りましたよ」(石油備蓄施設の周辺住民)

 石油の大半を中国から輸入する北朝鮮にとって、追加制裁で「禁輸」が決まれば影響は甚大ですが、「密輸」も横行しているといいます。石油の密輸は、遊覧ボートを使って行われているということです。国境の川を上流に進むと北朝鮮の市民や兵士の姿も。密輸はどのように行われるのでしょうか。

 「密輸は長年国境でやっている。ドラム缶に入れて運ぶ。無料で送るときもあるし、羊や漢方薬などと交換することもある」(中朝貿易に詳しい地元関係者)

 国境の川は800キロ近くあり、密輸の取り締まりは容易ではないといいます。さらに・・・

 「中国と北朝鮮は関係が出来ているので、軍も黙認している。本気で北朝鮮に制裁を加えるなら、中朝国境を結ぶ橋を封鎖しないと」(中朝貿易に詳しい地元関係者)

 北朝鮮の後ろ盾として経済を下支えしてきた中国が、どのように圧力をかけていくのか注目されます。とある。

 11日と言えば、国連の制裁が、どの様な形で出るのか、注目すべき日でもある。予想では、中国も、ロシアも制裁には反対しないが、その中身は、効力の無い制裁となる。そんな予想だ。

 また、一方で、もしかしたら、突っ込んだ制裁も出るやも知れない。国連決議の前に、アメリカは中国の説得に走り、日本は、ロシアの説得に走り、両者の分断を狙ったとされる。そんな事が功を奏して、有り得るかも知れないと言う淡い期待が有る。

 実効性のある制裁とは、石油とされる。だが、記事では、例えパイプラインを止めても、密輸が横行し、石油は、中国から北朝鮮に流れる。早くも、効果に疑問符が点灯している事になる。記事では、パイプラインと同時に橋を閉鎖しなければ制裁にならないと言っている訳だ。

 また、北朝鮮は、石油の備蓄に余念がない。別番組で解説者が言っていたが、備蓄は、1年以上の量に相当すると言う。

 そうした事は、中国政府も熟知しているはずだ。中国は、国際社会の非難をかわす必要性も感じているはずだが、本気で制裁に加わる積りもない。口で言って、実効性のない制裁となれば、パイプラインの量を制限する。そんな事に同意するかも知れない。代わりに、石油のトラック輸送が増えるだけだが。大方そんな所だろう。騙す中国、騙される方が悪いと考える中国の本当の姿がそこに有る。
posted by おやじ at 2017/09/11 07:33

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2471

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog