おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


仮想通貨

  仮想通貨
 TBS NEWSには、『仮想通貨「NEM」交換の日本人男性を聴取』と題して、仮想通貨交換会社「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した事件で、日本人の男性が、流出したNEMの一部を他の仮想通貨と交換していたことが分かりました。

 この事件は先月26日、「コインチェック」から仮想通貨「NEM」580億円相当が流出したものです。これまでに、5億円相当のNEMが匿名性の高いインターネット空間「ダークウェブ」のサイトを介して、他の仮想通貨に交換された疑いがあることが分かっていますが、警視庁へのその後の取材で、このうちの一部を日本人の男性が交換していたことが分かりました 。

 男性が交換したのはごく少額のNEMだということですが、警視庁はこの男性からすでに事情を聴いているということです。とある。

 セキュリティーが甘くて、仮想通貨が流出した。その内の5億円相当が換金されていると言う。ある解説では、犯人は、犯行を隠すためにコインチェックを複数の他人口座に振り込んでいるとも言われる。その他人から見れば、貯金通帳に金が振り込まれたようなもので、無くなってしまう前に、下ろして使おうとするだろう。もしかしたら、この男性は、そう言った人かも知れない。

 コインチェックの流出から、換金までの流れをすべて追えるなら、犯人の手がかりを捕まえる事が出来るかも知れない。だが、それがそう簡単に出来ないから、犯罪者にとって、有利なのだろう。

 コインチェックが、胴元にとって儲かるとなれば、まねる事業者が増える。今では、その数は優に1000を超えると言う。世界には200を超える国が有る。それぞれの国が、通貨を持っているが、その国の数よりはるかに多い計算になる。コインチェックを通貨と見ずに、有価証券と見れば、その性質がよく似ているように思える。冷静になって、有価証券をそこまで買うのかと考えれば、いささか、バブルと言えば良いのか、そんな所だろう。

 有価証券をコインチェックと名付けるならば、株券をコインチェックと名付けても良い気がする。そう、ペーパーカンパニーとでもしようか、1株が1円で、事業を始める。集まったお金は、ペーパーカンパニーの資本金となる。胴元は手数料を取る。株の取引と同じだ。ペーパーカンパニーが、事業を何もしなくても、資産が目減りする事は無い。確実な事業に投資すれば、それが収益となる。特徴は、株の売買をコインチェック並みに出来るようにすれば良いとなる。こっちの方が、良いアイデアだと思うけど、どうだろう。
posted by おやじ at 2018/02/11 07:08

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2620

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog