おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年9月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


「保管ない」資料

「保管ない」資料
 JIJI.COMには、『「保管ない」資料、別部隊にも=南スーダンPKOなど―日報問題・陸自』と題して、「存在していない」とされていた陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報が保管されていた問題で、防衛省は4日夜、昨年2月の国会で当時の稲田朋美防衛相が「日報は保管していない」と答弁していた部隊から、新たに南スーダン国連平和維持活動(PKO)を含む日報が見つかったと発表した。

 イラク派遣の日報が発見された陸自研究本部(現・教育訓練研究本部)とは別の部隊で、同省のずさんな情報管理が改めて問われそうだ。とある。

 野党は、隠蔽だと騒ぐが、隠蔽ではない。事の本質は、日本の縦割り行政にその根っこが有る。そもそも、正式文章はと問えば、日本はまだ、紙の書類だ。ハンコが押された紙の書類が無くなれば、「保管ない」となる。正式な回答では、そこに間違いは無い。

 所が、いろいろな形で、コピーや断片が、作ったパソコンなどに存在しうる。担当者のパソコンだったり、外付けディスクだったりする。そうした物は、管理の範疇から外れる。それが出て来たからと言って、隠蔽と騒いでも何の解決にもならない。

 そもそも、紙の書類が正式文章だと決めたら、それが無くなれば、「保管ない」なのだ。まず、紙なのか、電子なのか、それを決めろ。今に時代に、まだ紙だと言うならば、紙の書類が無くなれば、無いのだ。誰かのパソコンにコピーが見つかろうと、それは、書き換え可能だし、正式なものではない。それを決めろ。

 まあ、今の時代、紙でも無いだろう。それが、現実の世界だ。だから問題が起きる。電子化すべきだが、縦割り行政の弊害が、電子化を遅らせる。電子化されれば、センター管理が可能だ。アクセス権限を設け、誰が参照したのかなど、細かな管理が可能だ。作りかけの書類の管理も可能だ。競争にさらされている民間企業並みの管理ができる。

 所が、そうしたルールは、縦割りの行政単位で異なる。効率とは無縁の彼らには、競争は無い。それが、共通システム作りを阻む一つの原因となる。

 それでも、一つの縦割りは、そこそこの規模を持つ。企業並みの規模を持つ。社会主義国家でもあるまいし、国一つを一つのシステムにする必要は無い。そう割り切れば、システム作りは可能だ。この問題を機に、改善を進めて欲しいが、社会主義国家を目指す野党や、法律屋が跋扈する世界では、無理かな。

 司法試験は、暗記のチャンピオンみたいなものだ。パソコンの対極にいる様な御仁だ。野党の騒ぎを見ていると、そもそもこんな人たちに、的外れの隠蔽だと騒ぐ事が出来ても、その本質の解決は、出来ない。システム作りの提案は、彼らに出来そうにない。無理だな。
posted by おやじ at 2018/04/05 06:27

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2671

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog