おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年4月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


欧州勢が大量買い付け

欧州勢が大量買い付け
 ロイターには、『米国産大豆、欧州勢が大量買い付けか 米中貿易摩擦の余波』と題して、米中の貿易摩擦を背景に、欧州勢が米国産大豆の大量買い付けに動いたもようだ。米農務省が6日発表した統計によると、45万8000トンの米国産大豆が仕向け地不明で売却された。

 売却先にはオランダやドイツなど欧州連合(EU)の業者が含まれるとされ、全量がEU向けと確認されればEUへの一度の売却としては約15年ぶりの大きさとなる。とある。

 中国がブラジルから買うであろうと、ブラジルの大豆が値上がりしているともある。そこで、EUがアメリカ産に舵を切った。結局、関税を掛けようと、売れるものは、売れる。影響は、少なくなる方向へとシフトする。それが市場と言う物だ。

 所で、日本は、どこから大豆を輸入しているかと言えば、アメリカは無論だが、なぜか中国だ。これは、市場に任せた結果ではない。民主党政権時代に、山田農水大臣は、TPPに反対し、彼らの先頭に立ち、中国と食料のFTPを急きょ進めた。反対の理由に、食糧安保を掲げ、現在の自給率40%を堅持せよと言っていた。

 だが、裏を返せば、輸入の60%が入らなくなれば、国民の6割が飢え死にする事になる。自給率が100%でも、北朝鮮の様に餓死者だって出る。大事な事は、見かけの自給率計算ではなくて、食料を輸出できる国と、貿易を通じて食料が潤沢に輸入出来るかが、大事だ。大豆では、中国は、食料輸入国なのにだ。

 その裏には、日本をベネズエラの様にしたいと言う中国スパイによる裏工作が有ると推察する。当時の民主党、今でも民主党は有るが、メンバーを考えると、今の立憲民主と言った方が良いのかも知れない。中国の為に掲げる「沖縄ビジョン」や、裏マニュフェストと言われる「政策INDEX」、「外国人参政権」、鳩山元首相の「日本は、日本人だけの物ではない」発言を裏付ける、「主権の委譲」と称して、「通貨の発行権その他の国家主権」を法律によって中国に委譲すると書いた政策。当時の玄葉外相と言えば、沖縄県の尖閣諸島について「中国に差し上げればいい」と非公式な場で発言したとの記事が、10日発売の週刊新潮に掲載されること。そうした事を挙げれば切りがないが。

 民進党の農水省関連では、スパイ事件がある。中国のスパイは、中国人民解放軍総参謀部の出身とされ、民主党の玄葉元外相の松下政経塾当時のご学友と言う肩書きだった。それが、日本の農水機密に関する書類を所持していた人物だ。警視庁の調べでそれが解っている。それを渡したのは、民主党になって、協議会の代表以上が目に出来る機密書類である。互いに面識もあり、渡したと疑われるが、当の本人は、そんな事は無いと言っている。鹿野道彦農水相と筒井信隆農水副大臣という現職の農水省最高幹部2人が手に出来る書類だ。

 日本と言う民主主義国に有って、心は、社会主義のイデオロギーに染まり、人々を騙して国の姿を変えようとする。野党政治の悪い所だ。自衛隊日報問題でも、そうした心が、人々を騙そうとしている。心の曲がったイデオロギーを隠し、人々にそれを悟られない様に隠蔽しているのは、野党の方々。日報問題でも、「隠蔽」だとか、「改ざん」だとか、ラベルを張り、真実を人々の目からは、見づらく覆い隠す。今の行政で問題なのは、文書管理システムが無い事だ。もし、今、野党が、政権を持っていたとしても、それは、変わる物ではない。

 農林水産省のホームページに、「世界各国の大豆輸入量の推移と見通し」と言うグラフが目に入る。現状でも、世界の59%を中国一国が食べる事になる。それが、共産党の都合で、「一人っ子政策」を止めるとなれば、食糧事情で、世界に与えるインパクトは、あまりにも大きい。国民が飢え死にしないためには、中国との食のFTAではなく、食料が潤沢な生産国との付き合いが大事なのだ。だが民主党の山田農水大臣は、中国と食のFTAを進めた。それが、中国産のコメに繋がる。

 国連の食糧に関する報告では、2030年には、人口は、食糧事情から見て、地球が支えられるであろう、100億人を超える。その辺から世界全体で見れば、食料の不足が始まり、その時食料を輸出できる国は、アメリカとオーストラリアとなる。決して中国ではない。あと、16年後の事だ。アメリカと、オーストラリアとは、そんな事情も有り、仲良くして置いた方が良い。

 関税の結果、中国の大豆は、確実に値上がりする。日本に不利益を与えるのが目的で反日思想を持つ。それが彼らのイデオロギーだと言っても良い。彼らのやる事なす事を一つづつ考えると、嫌米とか親中とか言わず、反日と言う言葉でまとめる方が分かりやすいのかも知れない。
posted by おやじ at 2018/04/10 07:02

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2676

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog