おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


板門店?!

 板門店?!
 日テレNEWS24には、『トランプ氏 米朝会談「板門店ではない」』と題して、トランプ大統領は9日、米朝首脳会談について、「3日以内に発表する」としたうえで、開催場所については南北首脳会談が行われた「板門店ではない」と述べた。とある。

 それ以前は、「場所は決まっている、数日以内に公表する」と言ったり、あるいはまた、ツイッターで、米朝首脳会談の開催地として韓国と北朝鮮の軍事境界線にある板門店を検討していることを明らかにしたり、「板門店でも良い」と言ったりしていた。

 一連の板門店での開催を良しと考えるトランプ氏は、バカなのかと思った。だが、珍しく周囲の助言を聞いたのだろう、板門店ではなく、シンガポールなど別の場所を検討している様だ。北朝鮮の非核化と朝鮮半島の非核化の違いも判らず、ツイッターで朝鮮半島の非核化を良いではないかと歓迎してしまった。そんなトランプ氏に、安倍首相が話したのだろう、それ以来、周囲の助言を聞くようになった。そう考えられなくもない。

 一方の安倍首相は、日中韓の3か国会議では、北朝鮮の非核化と言わず、朝鮮半島の非核化と表現をした。米朝会談の当事者でない3か国にとっては、板門店での北朝鮮と韓国の合意をなぞる事になる。

 その北朝鮮は、米朝会談を前に中国と非公式会談に臨む。米朝会談を前に、中国のアドバイスを受けるためと言われている。中国は、北朝鮮を外交のカードとして利用するが、ここまで来て、核を温存させれば、中国にとっても得策ではない。核を持たない北朝鮮を今後どのように外交カードとして利用するのか、その辺が見えて来たのかも知れない。

 北の核を外交のカードとして使えなければ、次は経済となる。金だ。金と来れば、日本を相手に戦後補償とか、何かの賠償とか、出してくるのではないか。

 北朝鮮の非核化は、実現するかも知れない。だが、その代償は、結局、日本に付けが回る。自国の安全保障を他国に依存する日本は、悪く言えば、食い物にされる。そんな現実が待っているのではなかろうか。
posted by おやじ at 2018/05/10 07:47

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2706

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog