おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


終戦宣言

   終戦宣言
 JIJI.COMには、『北朝鮮、終戦宣言「米が拒否」=韓国の文政権に圧力』と題して、北朝鮮の祖国平和統一委員会のウェブサイト「わが民族同士」は23日掲載の論評で、朝鮮戦争の終結宣言構想について「米国が最近、突然、立場を変え、拒否している」と非難した。とある。

 記事を読み進めると、4月の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」は、休戦協定締結65年になる今年中に終戦を宣言し、休戦協定の平和協定への転換を目指すことを明記している。ともある。

 つまり、文大統領は、終戦協定締結に韓国にその資格が無いにも関わらず、4月の南北首脳会談で休戦協定締結65年になる今年中に終戦を宣言すると明記した訳だ。2枚舌外交の矛盾がばれた格好だ。矛盾を現実の物にするには、トランプ大統領を騙し、米朝会談で終戦協定の約束をさせる。そんなシナリオが有ったのだろう。

 トランプ政権の危うさは、米国国内のインテリジェンスの声を聞かない事だとされる。それでも、唯一、安倍首相の話は聞く様だ。そうした米国国内のインテリジェンスの欲求不満が、北朝鮮関連のリーク記事にもなる。

 そんな政治素人のトランプ大統領でも、安倍首相との事前会談を通じて、文大統領の矛盾に気が付いた。米朝会談では、非核化の実現より先に、終戦協定締結は、核保有を認める事と同義語になる。韓国の民族主義に従えば、米国を騙してでも、核を持ったままの南北統一が望ましいと言う。だが、アメリカは、それに気が付いた。実際、米朝会談では、そうした宣言は、盛り込まれていない。

 北朝鮮から、「南朝鮮(韓国)当局は決して傍観していてはならない」と言われた文大統領は、次の騙しに3枚目の舌を準備して有るのか、日本の野党同様に、矛盾は矛盾、それを放置して、新たな嘘を準備するのか。被災地に韓国から今まででは考えられない額の1億円などのニュースが、大きく報じられることを考えれば、核付き南北統一と言う民族主義の悲願を実現するために、対日関係改善から、始める気でいるのか、どうやら、新たな展開が始まりそうだ。
posted by おやじ at 2018/07/24 07:24

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2776

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog