おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2018年11月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


記者殺害疑惑

  記者殺害疑惑
 JIJI.COMには、『記者殺害疑惑、サウジ皇太子関与説強まる=「改革者」の強権に懸念も』と題して、サウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏がトルコにあるサウジ総領事館で殺害された疑惑で、サウジのムハンマド皇太子(33)の濃厚な関与を疑わせる情報が次々と浮上している。とある。

 報道されている内容を信ずれば、そうだろうなと言う事は、誰もが考える事だろう。そうした疑いに対して、皇太子は関与を強く否定していると言う。推定無罪と言う原則で、各国は、推移を見守っている様だ。だが、濃厚な関与を疑わせる情報が次々と浮上とあらば、やがて決定的な証拠が出るかも知れない。しかし、「アラブに必要なのは、言論の自由」としたカショギ氏の希望むなしく、皇太子の独裁的権力が、そうした告発をも封じるのかも知れない。

 記事では、皇太子の関与を示す決定的な証拠が出れば、国際社会の批判を浴びて、国内の反発も加え、権力闘争が再燃しかねないとしている。だが、北朝鮮の「拉致問題」などを考えると、どんなに国際社会から非難を浴びても、独裁的権力にとって、そもそも民主主義ではないのだから、そうはならなかった。そっちの方が可能性が大きのではなかろうか。
posted by おやじ at 2018/10/19 07:12

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2851

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog