おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年5月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


その後

  その後
 読売新聞には、『金正恩氏が帰国早める、米朝会談物別れ影響か』と題して、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は2日午前(日本時間2日昼)、滞在していたベトナムの首都ハノイを離れ、帰国の途に就いた。ベトナム政府系ニュースサイト「VNエクスプレス」などが伝えた。2月末にハノイで行われた米朝首脳会談が物別れに終わったことから、帰国を早めたとの観測が出ている。とある。

 トランプ大統領が、さっさと帰国したのに対し、ずるずると滞在している金正恩と言う印象だった。その帰国を数時間早めたと言う記事だ。帰りは、中国に寄り会談の結果を習近平主席に報告するのか、しないのか、憶測が飛び交う。

 別記事では、習主席は、北朝鮮の非核化に触れ、経済の開放路線を目指す金正恩に対し、非核化はそれより先にすべきだと言う忠告を与えたそうだ。そうした忠告を聞きながら、米朝会談に臨んだと言う事になる。

 米朝会談では、金正恩が、トランプ大統領に与えた印象は、習近平主席と同じで、非核化より、経済が優先と言う印象だったのだろう。それが、決裂の原因となった、そう言っても良さそうだ。

 個人的な思い込みかも知れないが、デブは、粘着気質が多い気がする。体の脂肪が、その人の考え方を左右する。体を動かさず、そのくせ、口は良く動く。だから太るのだろうが、一つ事をねちねちいつまでも、グタグタとこだわる。ある意味、考えを持続させるスタミナが有るのだろう。非核化をしたくない金正恩が、そこに、こだわってしまったのは、自身のデブがそうさせてしまったのかも知れない。

 向こう数カ月位は、何の進展も無いのだろう。その間、さらにウラン濃縮を進めるのか、方向を変え、非核化に向かうのか、定かでない。デブが考えを粘着気質にするとしたら、金正恩が非核化に舵を切る事は、そもそも難しいかも知れない。

 ここまで来ても非核化をしない北朝鮮に対し、何かを切っ掛けにアメリカが実力行使に出たとしたら、一部の社会主義者たちが強烈の騒ぐかも知れないが、多くの人々は、やむを得ないと思う様になる。米朝交渉は、完全に北の負けだな。
posted by おやじ at 2019/03/03 07:39

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2944

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog