おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年6月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


文大統領

  文大統領
 産経新聞には、『“建国”祝うはずが…文在寅大統領、式典欠席し訪米 北に振り回され』と題して、日本の朝鮮半島統治下の1919年に、中国上海で独立運動家らによる「大韓民国臨時政府」が設立されてから11日で100年となる。この日を建国の日とみなす韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、記念日を式典で大々的に祝うはずだったが、ワシントンで同日行われる米韓首脳会談のため10日、米国に向け出発した。とある。

 北朝鮮への対応を巡って、米韓同盟が冷え込む中、是が非でもトランプ大統領のご機嫌を取りたい文大統領は、韓国の“建国”とする日を祝わずに、渡米する事になった。しかも、たった2時間の会談の為にだ。テレビ会議でも用が済みそうな2時間の為に渡米する。

 この人は、自分が行った2枚舌外交によって、信頼と言う大事なものを失ったと言う自覚が有るようだ。そこが、韓国にとって一途の救いかも知れない。まさに、今の韓国が置かれている状況を知っての事なのだろう。

 だが、その2枚舌は、変われない。トランプ氏に対しては、非核化を謳い、韓国の民族主義の観点から、心の中は、北の核は、民族の誇りと言う根っこが有るからだ。

 対するアメリカ側は、韓国のメンツを潰さない様に、迎賓館の開放や、昼食会を準備する。米韓会談の後は、非核化を高らかに歌うだろう。だが、韓国が北に対してそれを求める事はしない。信用できない韓国と言うレッテルは、はがす事は出来ないだろう。韓国の行動が切っ掛けで事態が動く事は無い。そう見るべきだ。

 北朝鮮は、そうした韓国を横目に見て、事態は変わらないだろうと思いつつも、制裁と言う囲いを払うために、何かを仕掛けざるを得ない。時間が経てば、何かが改善すると言う兆しはない。3000トン級の潜水艦を作ってみても、それがどうしたと言う事になる。大事な事は、平和に対する信頼だ。それが、北朝鮮には無い。そもそも、それが分かった居ない様だ。
posted by おやじ at 2019/04/11 06:48

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2977

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog