おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年4月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


民主党に報復

  民主党に報復
 KYODOには、『移民に寛容な都市で釈放検討表明 トランプ氏、民主党に報復』と題して、トランプ米大統領は12日、メキシコ国境で拘束した不法移民を「聖域都市」と呼ばれる不法移民に寛容な都市に連れて行って釈放することを「本当に検討している」とツイッターで表明した。とある。

 民主党の岩盤地盤で、トランプ大統領のメキシコの壁政策に反対する議員がいる場所に、不法移民を連れて行くと、ツイッターで表明した事が、ニュースになっている。

 普通に考えれば、そんな事をされれば、そこに住む市民生活が脅かされ、それは困ると言う事になる。リベラルを謳い、国境から離れ、移民が居ない物だから、現実味からかけ離れた理想論をぶち上げ、綺麗事を言って、トランプ氏の政策に反対をする。それに対する報復と言う事になる。民主党議員の矛盾を突くツイッターだ。これをトランプ怪しからんと見るか、誰かが入れ知恵した様な見事な切り返しだと見るか、人によって評価が分かれるだろうね。

 政権から離れている政治家が、政権側を批判して言う内容には、往々にして矛盾が含まれる。そもそもそこには、責任が無いから、注目され、票が集まるなら、無責任な理想論をぶち上げるだけで良いと思っているのだろう。もっともらしい綺麗事を並べ、現実を知らない国民を騙す事が目的となる。世間知らずの学者ならともかく、政治家がやってはいけない事だと思う。

 憲法論議などで、学者が言った。だから「護憲だ」などと息巻く政治の世界は、日本でも無責任な政治家の集団だ。政治家がやってはいけない事の典型だろう。そもそも憲法解釈には、幾つもの解釈が有る。例として、一つ法律でも解釈が異なるから、裁判で一審が有り、2審が必要になる。それでも、最終的に決まった判決を以て結審とする。これがルールだ。学者ならまだしも、いつまでも、「護憲だ」と騒ぐ政治家は、法治国家に在って、そうしたルールに従っていない。そもそもそうした政治家は、憲法を論じる資格が無いばかりか、政治家でいる事自体問題だ。ましてや、そうした政治家に騙され、「護憲」などと信じるバカは、バカを通り越し、気の毒の範疇に入るのだろう。

 さて、トランプ大統領は、不法移民問題では、そうした移民を民主党の地盤に送る事をやりかねない。本当にやりかねない。民主党を支持して、メキシコの壁に反対した所に、不法移民が入る。治安は一気に崩れ、犯罪が横行する。不法移民にしてみれば、生きるには、そうするしか方法が無いと言うだろう。生活を求め、暴力が支配するとんでもない街に変貌するかも知れない。それでも、不法移民を防ぐ目的の壁に反対かと問うたことになる。民主党を支持する国民は、本当に、無法地帯になっても、理想論と綺麗事が大事だと望んだのだろうか。無責任にも、自分でなければ良いと思っての綺麗事と理想論ではなかったのか。トランプ氏のツイッターは、それを問うた事になる。
posted by おやじ at 2019/04/14 07:35

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=2980

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog