おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


Google翻訳に異変

 Google翻訳に異変
 JCASTニュースには、『「香港が中国の一部になるの嬉しい」 逃亡犯条例デモ受け、Google翻訳に異変』と題して、 Google翻訳で、「香港が中国の一部になるのはとても悲しい」という意味の英語を中国語に翻訳すると、「とてもうれしい」と、逆の意味に翻訳されることがわかった。香港の現地メディアなどが報じた。

 香港では2019年6月に入り、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案をめぐり、改正案に反対し、撤回を求めるデモ活動が連日行われている。香港政府は6月15日に同案の審議を延期することを発表したが、撤回はしていない。Google翻訳の仕組みが悪用され、翻訳結果がゆがめられた可能性がある。とある。

 そこまでやるのかと、共産主義とは恐ろしや。AIを活用した新たな未来の犯罪を予告する様な話だ。Google翻訳には、利用者が翻訳結果の修正を提案できる仕組みがあるそうだ。それを使って、嘘の翻訳をさせる。共産主義とは、嘘で出来上がっている事は、何度も書いたが、AIにまで、嘘を付かせるとは、半端じゃないね。

 そう、機械学習の弱点は、インプットされる情報の制度と、量になる。間違った情報を故意に大量に入力されれば、間違ったことを学習してしまう。社会主義や共産主義が得意とする洗脳と同じだ。言われてみれば、当然だが、未来のAIは、そうした犯罪行為にやられるね。
posted by おやじ at 2019/06/17 06:35

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3037

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog