おはよう
おはようWebのブログ
カレンダー
<< 2019年10月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

最新のコメント

カテゴリ

過去の記事一覧


マスコミの病

  マスコミの病
 NEWSポストセブンには、『「ホワイト国」除外 それでも韓国に沿う論陣張る新聞という病』と題して、言論は多様であってしかるべきだが、誰の目に見ても明らかに重要な外交上の節目において、ここまで国民感情を逆撫でしかねない主張が並ぶのも珍しいのではないか。作家でジャーナリストの門田隆将氏が指摘する。

「どうして日本の新聞が韓国の味方をするのでしょうか」とある。

 記事では、朝日新聞と毎日新聞を名指しして、日本の国益を毀損して、韓国の国益に沿う論陣を繰り返す両紙に何故だと疑問を呈している。

 それを、韓国の肩を持つ朝日。さすが靖国参拝を外交問題に仕立てあげ、慰安婦の「強制連行」を創作し、日韓関係の破壊に絶大な力を発揮してきた社らしい内容だ。自身が日韓関係に大きな楔(くさび)を打ち込み、取り返しのつかないところまで追い込んだことなど、まるで忘れているようだ。と過去の事実を具体的に上げ、この様に表現する。

 私に言わせれば、テレビもそうだ。地上波は、相も変わらず低俗番組のオンパレードだが、衛星放送では、専門家を招いて様々な解説番組が組まれた。その中で、ちょっと気になったのが、TBSだな。日本の今回の措置を、韓国同様に事実上の報復措置と断じ、日本側が説明する信頼関係の毀損から、韓国をホワイト国としての指定から外したなどの理由を認めようとせず、韓国国民の情緒を引き合いに、これではだめだと断じた。

 そこには、韓国の国民感情は有っても、あたかも日本国民の怒りも、日本国民の情緒も忘れているかのごとき司会進行だった。可笑しな理屈は、サムソン電子、ハイニックスよりも、フッ化水素を輸出規制をされた日本のメーカが打撃を受ける。そんな事をしてはダメだとも断じた。

 テレビ朝日、TBSには、こういう番組が潜むので注意しなくてはならない。会社としての体質なのか、担当ディレクターの左翼的イデオロギーがそうさせるのか、日曜朝の番組の様に、司会者の無知がそうさせるのか。報道しない自由を悪用して、真実を隠し、無知をつくり、無知を騙すような番組は、無責任で、罪が深い。

 いずれも、今回の輸出規制で分かった事だが、156件の違反事例に関して、朝日新聞は、当然にしてこの事実を掴んでいたはずだ。これを報道せず、安倍首相は、自由貿易を言いながら、この規制は、何だと批判記事を載せていた。毎日新聞の然りだ。156件を最初に報道したのは、フジテレビ系列が最初だったと記憶する。

 156件の事実を知っていたとしても、左翼系新聞として、安倍批判のイデオロギー記事が内部で書かれれば、「報道しない自由」を使い、156件の真実を隠し、批判記事を掲載する。なぜか、ここが韓国のそれと共通点が有るようには、感じないか。

 Yahooも韓国の代弁者ではないのかと疑問を投げた。そのYahooで、「反日マスコミ」と検索を掛ける。ヒットした件数は、660万件を超える。トップの見出しには、「反日マスコミ」の真実-日本を中国、韓国の奴隷にするのか?! などの見出しがならぶ。反日マスコミが、存在する訳を知りたければ、どうやら、ヒットした見出しのいくつかを読めば、分かりそうだ。

 夕刊フジには、ずばり日本隠しに加担するマスコミの対応が書かれていた。『韓国擁護のため“ピンぼけ”日本批判に走る左派マスコミ… 輸出管理強化はルールに沿った運用』と題して、

 日本政府は、半導体製造に不可欠なフッ化水素など3品目について、韓国への輸出管理を見直す方針を決めた。これについて、左派系マスコミが「自由貿易を守れ」などと一斉に批判している。

 例えば、朝日新聞は「対韓輸出規制 『報復』を即時撤回せよ」と題した3日付の社説で、「自由貿易の原則をねじ曲げる措置」と批判した。毎日新聞も「通商国家の利益を損ねる」という4日付社説で「日本が重視してきた自由貿易の原則をゆがめるものだ」と指摘した。

 今回、日本政府は「韓国側の輸出管理に不備があり、『不適切事案』が複数発生した」と指摘している。具体的中身は明らかにしていないが、韓国は3品目を北朝鮮に横流している可能性がある。いずれも軍事転用が可能である。

 つまり、今回の措置は「日本の国益と安全保障をどう守るか」という話なのだ。世界貿易機関(WTO)の貿易ルールは、安全保障を理由にした禁輸措置を認めている。

 しかも、である。

 そもそも、日本政府は3品目を禁輸していない。3品目を含めて包括的に認めてきた韓国向け輸出を個別契約ごとの審査に切り替えただけだ。なぜかといえば、前提である韓国の貿易管理体制が信頼できないからである。

 日本は包括的認可の対象国を「ホワイト国」として扱っている。だが、相手が信頼できないならリストから除外し、元の個別認可に戻るのは当然だ。そうしなければ、日本の貿易管理体制に疑問が生じてしまう。とある。

 まさに、これが事実に立脚した報道と言う物ではないのか。ちゃんと中身のある事実を伝えている。マスコミの手本だ。

 私は、朝日新聞を取らないことを決めている。真実を報道しない自由と称して伝えず、左翼的イデオロギーに歪められた論説を繰り返す。中には、真実どころか、慰安婦記事の様にねつ造記事まで書く。金を払って、読む価値は無い。
posted by おやじ at 2019/07/29 06:18

トラックバックURL
http://ohayou.jp/blog/tb.php?id=3078

※言及リンクなし及び、英字のみのトラックバックは受け付けておりません。

トラックバック
トラックバックはありません。

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
コメント [*]:

検索


リンク

カウンター
100万アクセス達成!
今日: 今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター今日のカウンター
昨日: 昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター昨日のカウンター
累計: 累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター累計のカウンター

RSS Feed
RSS Feed  最新の記事
RSS Feed  最新のコメント
RSS Feed  最新のトラックバック

プロフィール
ニックネーム:おやじ
誕生日:4月8日
性別:男
血液型:A型
自己紹介:
辛口コメントが得意

管理

Copyright 2007 おはよう All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog